zunx2の暇つぶしDTMブログVer

アマチュアDTMerが宅録の限界に挑戦していく!がテーマです!

2018年07月

やっと吸音材を壁に貼り付けることが完了しました
IMG_2824
やはり吸音材を壁に貼り付けると部屋の雰囲気が変わりますね
まさに作業部屋って感じになります
吸音材はAURALEXの吸音材を使用しました
関連記事:AURALEXの吸音材を導入しました:デッドなモニタリング環境作り
今回色々試行錯誤することがあったのでそれらをまとめておきます

テープ類では簡単に剥がれ落ちた

吸音材がきたその日に早速壁に両面テープで貼り付けてみましたが寝て起きたら翌日の朝には全てはがれ落ちていました

↑コンビニにも売ってるこれです
その翌日にもならばもっと強力な粘着力のものならどうだ?ということで

もっと超強力なものにしました
確かにこれは1週間くらいは持つのですが24枚吸音材を貼るにしても一つでいけても5.6枚ほどしか貼れませんでした
なのでコスパ的には悪いのと何回も買わなければいけないと考えるとランニングコストが悪すぎるという結果になりました

ブチルテープも試してみましたが翌日に剥がれていました
どうやらテープ類ではダメだったという結果になりました。両面テープは基本的に値段が高いです
自分の貼り方が悪いのでは?とも考えたのですが考え出すとキリがないなということでテープ類で壁に貼るという発想をやめました

瞬間接着剤で壁に貼るという発想


瞬間接着剤ならば簡単に剥がれないだろうといういかにも脳筋な発想なのですがこれが1番確実に壁に貼り付けることができる方法でした
しかし壁に直接瞬間接着剤を貼るのは壁紙に確実にダメージが出るので一旦壁にマスキングテープを貼りました

マスキングテープも24枚貼るためにはかなりの量が必要になります
IMG_2770
今回の場合はマスキングテープの上にさらにブチルテープを貼ってその上に接着剤で貼るという方法です
これならば絶対に剥がれないだろうという何重にも保険をかけたような方法です
実際のところかなりの労力を使います( ;∀;)
そして瞬間接着剤が一番コスパが悪いという結果になりました
貼り付けることができても最大で4枚ほどでした

ボンドという発想に行き着いた

IMG_2817
たまたまドンキ・ホーテに立ち寄った時に店員さんに聞いたら「ボンドならこいつだ」ということで
ホットグルーガンで接着することにしました

しかもテープ類や瞬間接着剤と比べると一番コスパが良いのがホットグルーガンです
接着力もテープ類と瞬間接着剤の間くらいです
最終的に残りの吸音材を全てホットグルーガンで貼り付けることに成功しました
しかしボンド自体が熱いので火傷に気をつけてください
結果として吸音材を壁に貼る時は僕の場合はホットグルーガンに行きつきました

終わりに

IMG_2818
ここまで振り返ってみると吸音材を壁に貼るのはかなりの労力になりました
個人的には内装屋とかの業者とかに頼んだ方が楽だと思いました
IMG_2823
ウーハーの裏側にも吸音材をつけました
吸音材が24枚で1万5千円ってかなり安いと感じましたがそれを壁に貼るためにもコストがかかるということを認識しておいた方がいいです
僕の場合はあーだこーだーで試行錯誤したので5千円くらいかかりました( ;∀;)
最初からホットグルーガンに行き着いていればもっと安上がりだったと思います
とりあえず新しいDTMデスクと吸音材を壁に貼れたのでよかったです
というわけで今日はこの辺で!ではまた

軽く活動報告をします
7月はひたすらパラMIXとDTM部屋の強化をしていました
パラMIXでお手伝いさせていただいた作品で7月に発表されたものを紹介します
7月はまだ発表されていないものも含めると10曲ほどMIXしていました
とにかく家に帰ってからはひたすらMIXの日々だったので良い経験をさせていただけました

Ephemeral Starさん:夏ノ最終戦

安斎もち子さん:瞳に映らない

真宵ラノさん:イノセント・ワールド

DTM部屋の強化を始めた

IMG_2797
そろそろDTMデスクを新調しようということでQUIKLOK ( クイックロック ) / Z250を導入しました
あとは以前も記事にしていますが吸音材を壁に貼り始めたりもしています
AURALEXの吸音材を導入しました:デッドなモニタリング環境作り
吸音材の貼り付けはまだ完成していないので7月中に完成させてしまいたいです

MIDI鍵盤を新調

MIDIキーボードでROLAND ( ローランド ) / A-49-BKを導入してみました
ある程度鍵盤も弾けるようにならなくてはということでまずはお手軽な値段でも買えるし性能もMIDI鍵盤として十分なROLAND ( ローランド ) / A-49-BKにしてみましたROLAND ( ローランド ) / A-49-BK
ROLAND ( ローランド ) / A-49-BK
とりあえずは自分の曲をコード弾きくらいはできるようにしたいものです
お洒落にinside Death Painを弾けるようになりたいものです

終わりに

8月は楽曲制作もしつつ、お盆休みもあるので遠出したいなぁと考えています
オーディオストックに投稿していた曲が1曲にも関わらず売れていたのでびっくりしました
もっとひたすらに量産しまくったらさらに可能性を秘めていると考えると夢が膨らみます
またボーカロイドオリジナル曲などのパラMIXの依頼はいつでも受付けていますのでお気軽にDMいただきたいです
それにしてもこの異常な気温の高さを何とかして欲しいものです
というわけで今日はこの辺で!ではまた

最近ポケットWi-Fiを持っている人を持っている人が増えてきたと感じています
実は僕も2年前くらいからWiMax2+を使い始めました
text_wifi
理由としては
・通信制限によりスマホの通信速度が遅くなる生活が嫌だった
・MacBook Proを持ち運んでブログやnoteを書いたりネットサーフィンがしたかった

単純にこの二つだけです
IMG_2781
実際に僕がWiMax2+2年使ってみたを感想をまとめておきます

WiMAX2+を使ってみた感想

beacon_denpa_hasshinki
基本Wi-Fiが繋がっている状態になるので「通信制限が〜…」っという心配をする必要が無くなりました
しかしトンネルや山などの場所によってはWiMax自体が電波を拾わない場所もあります
新幹線や電車に乗ってる時にMacbookやipadを使ってブログを書くことやyoutubeを見ることもできます
(もちろんトンネルの中や場所によっては繋がらない場所もあります)
僕は基本端末がApple製品なのでWi-Fiを各端末に繋げておくことでiCloudにより写真やメモなどは即座にシームレスに使うことが可能になっています
IMG_2779
そのためWiMax2+を使うことでポケットWi-Fiの恩恵をもろに受けた生活になっています
素直にネットでの活動が快適にできていると感じています

通信速度について

website_normal
据え置き型のWi-Fiルーターと比べると速度は遅い
です
データのやり取りやネットサーフィン、ブログやHPの更新には適しています
オンラインゲームをWiMax2+でがっつりやるのは向いていません
特にPS4でFPSをやろう!と考えるとラグを感じてしまってかえってストレスになるかと思います
たまにWi-Fiエリアとエリアの谷間に入ると繋がりにくくなってしまう場所もあります
据え置き型のWi-Fiがある場合干渉しあうのか速度が遅くなることが家や会社でありました
そういった場合は素直に据え置き型のWi-Fiに繋いだ方が無難だと感じています

ポケットWi-Fiに向いている人

wifi_yes
・普段から通信制限を気にしている人
・ネットでの活動が頻繁の人(ブログ運営や動画サイトなど)
・ノートPCを持っている人
向いてない人はこの逆だと考えてください
僕の場合は月にスマホで使用できる通信容量を減らしたりテザリングをしない代わりにWiMax+2にしました

終わりに


WiMax2+にして早速会社でも持ち歩くようにした日に休憩時間とかに僕の周りに人が集まるようになりました
もちろんその人たちはWi-Fiを使いたいからなのですが通信制限難民ってやっぱり日頃からいっぱいいるんだなぁと感じました
今だと5ヶ月目で30,100円のキャシュバックだったりauのスマホと一緒に使うと毎月割引になるキャンペーンをしているみたいです
僕が使ってみた感覚としては5ヶ月はあっという間にすぎました
これだけキャッシュバックがあると一度使ってみてポケットWi-Fiがある生活どんなものか試してみる価値はあると思います
というわけで今日はこの辺で!ではまた


先日My New Gearしました
今までずっと渋っていた吸音材をついに導入してみました
理由としては
・デッドなモニタリング環境の構築
・部屋の見た目をもっとDTMしてます感を出したい
・部屋に入った瞬間にDTMがしたい!というようにモチベーションを上げる
この3つです
特にデットなモニタリング環境の構築というのが1番のきっかけです
スピーカーやウーハーは思ってる以上に壁の反射によって音がぶつかり合い散らばっているため正確に音を聞こうとしても壁の反射音が原因で音作りに集中ができないこともあります

AURALEX ( オーラレックス ) / Studiofoam Wedges 2

AURALEX ( オーラレックス ) / Studiofoam Wedges 2″24枚 30cm x 30cm 厚さ5cm
AURALEX ( オーラレックス ) / Studiofoam Wedges 2″24枚 30cm x 30cm 厚さ5cm
24枚入りで¥14800円(税抜)という驚きのコストパフォーマンスの良さです
壁に貼り付けて実際に自分の部屋でモニタースピーカーからの音を聴いてみましたが劇的というよりは微量ですが余計な低域や高帯域は鳴らなくなったと感じました
これは各部屋によって個々の差が出るものだと思うので効果が抜群に出る部屋ももちろんあるはずです
縦横に交互に貼るだけでも雰囲気が出るので個人的には見た目もお気に入りです
あとはやっぱりテンションが上がります。「さぁDTMやるか!」というモチベーションにもなりますね

AURALEX ( オーラレックス ) / SubDude v2

AURALEX ( オーラレックス ) / SubDude v2
AURALEX ( オーラレックス ) / SubDude v2
この吸音マットの低域の鳴りの変化具合に感動を感じました
今まで床に直置きで気休め程度にタオルを敷いていたくらいでしたがこれをサブウーハーの下に敷くことで余計になっていた低域の振動がタイトになるようになりました
体感的には低域の鳴りというよりはまさに低域の余計な振動を抑えるというような感覚です
そもそも一般家庭でサブウーハーを置いてスーパーローをモニタリングすること自体が珍しいのかもしれませんがサブウーハーを使っている人にはこの感動はぜひ味わって欲しいです
今までARC2.5を使って無理矢理低域の鳴りをEQで抑制していたわけですから通常時でしっかりと低域が聴けるとなると心地良さが今まで変わってきます
関連記事:

終わりに

吸音材を導入してみてルームチューニングはしっかりやらないとなぁと改めて感じさせられました
ARC2.5に頼りすぎはやはり良くないですorz
あと両面テープ類で吸音材を壁に貼ると簡単に剥がれ落ちてしまいます
ブチルテープも使ってみましたが「これ本当に大丈夫か…数時間後に剥がれるんとちゃうか…」と不安になってしまいました
現時点ではブチルテープで固定していますが今後はもっとガッチリと固定できる作戦を練ってみます
というわけで今日はこの辺で!ではまた

↑このページのトップヘ