zunx2の暇つぶしDTMブログVer

人生は神ゲー!!元バンドマン、脳筋のわいでもDTMが楽しめるようになったぜ!をモットーにDTMや音楽の情報を発信していきます

2017年11月

先日、今年買ったSHURE ( シュアー ) / SE215SPE-A Special Edition断線しましたorz
IMG_0105
モニタリング用イヤホンとしてSHURE/SE215SPE-Aを買ってみた件
↑以前イヤモニを買った記事があります
普通に1万円以上するイヤモニです
「おい、また1万円以上出してイヤモニ買わなきゃいけないのかよ(TДT)」
って思ってしまいがちなのですが
実はこのケーブルって着脱可能なんです
SHURE ( シュアー ) / SE215SPE-A Special Edition
付け替え用のケーブルがあればリケーブルが可能ということです

リケーブルに必要なもの

SHURE ( シュアー ) / EAC64BK
SHURE ( シュアー ) / EAC64BK
用意するものはこれだけ
基本的にはこれを付け替えるだけです

ケーブルを外そうにも最初は付け根がクソ固い

securedownload (3)
「めっちゃ簡単なやり方だ!」と思っていたのですんなりできると思っていましたが
ここで問題が発生、ケーブルの付け根部分が固くて外れない
どれだけ力を入れたり爪を立てたりしても外れない
securedownload (2)
そこで布を当ててペンチを使いこれでやっと外れました
おそらくメーカーが作る際にかなり固めに閉めてあるのだと思います
securedownload
↑外したケーブルがこちら

セルフでリケーブルしても無事に復活する

securedownload (1)
セルフでリケーブルしても音質に問題なく使えます

見事に断線したイヤモニが復活を遂げたわけです
イヤモニが1つあれば断線した時に一々買い替えしなくてもリケーブルすればずっと使えるというわけです
そう考えれば1万円のイヤモニって安いのかも?

終わりに

SHURE ( シュアー ) / SE215SPE-A Special Edition
SHURE ( シュアー ) / SE215SPE-A Special Edition
ペンチを使って外すというのは意外でしたがそれ以外は思ってた以上に簡単でした
なので断線しても大丈夫と考えれば今後も安心して使うことができます
イヤモニは遮音性が良いのでボーカルRECの時にも音漏れがヘッドホンに比べると圧倒的に少ないです
ボーカルの方も1つイヤモニがあると便利だと思います
というわけで今日はこの辺で!ではまた

T-RackS5IK Multimediaさんより発表されました
35
早速僕も導入しましたのでレビューします

マスタリングがこれ1つで完了する One

09
T-Racks5を導入して一番感動したのがOneでした
マスタリングの際に今まで色々プラグインを挿していましたが
これ1つでなんとかなる!という手応えを感じました
プリセットのComplete Oneが素晴らしいです
これ一つで完成!という謳い文句のプラグインはどこかが弱いといったイメージでしたがこれに関してはそんなことがありませんでした

↑マスタリング前の音源です

↑Oneを使用したマスタリング音源です
音圧を上げた際にも歪みなどは感じられず綺麗にボリュームを上げてくれます

万能デジタルEQ EQual

40
万能です。これがしたかったんだ!を用意してくれています
まさに親切設計の万能デジタルEQです
・最大10バンドまで可能
・Neve、SSL、APIなどアナログEQ名機をモデルにしたフィルター・カーブも呼び出すことも可能です
・L/R、M/Sモードの切り替えも可能
今後僕のミックス、マスタリングでも重宝することが間違いないで
す。
Oneと組み合わせて使えばシンプルかつさらに時短になります
マスタリング時にもちろんM/Sモードに切り替えてS成分の超低域だけ削るという使い方もできます
このままでは○avesのQ10の出番が無くなるのでは…
そして名前がオシャレなのもお気に入りです

音を太くしてパワーを出すのに最適 Dyna-Mu

54
アメリカ製の名機をモデルにしたコンプレッサー/リミッター・モジュールです
いわゆる挿しただけで音が太くなる系です
MIX時にも使用可能でボーカルの音を太くする
ドラムBussトラックにかけることでまとまりや太さを出すことが可能です
こちらもL/R、M/Sモードの切り替えが可能なので様々な用途で使えそうです

リファレンス音源を取り込んで特性をマスタリングで適用

35
僕もこれが一番気になっていました
気になっていた通りの時短系マスタリングプラグインです
リファレンス音源を4つまで取り込むことが可能、そのマスタリングの特性を自分の2mixに再現するといったチートです
もちろん2mix次第ですが作業スピードが加速します
聴感上の音量感もかなり近くなります
マスタリングする時間を減らして作曲にもっと時間を使いたい!って方にはちょうど良いです
使い方としては
13
1.リファレンス音源を取り込んでLearn Referencesボタンを押す
56
2.リファレンス音源の特性が読み込まれたら、Learn Sourceボタンを押すと自分の音源が解析されます
35
3.Matchボタンを押すとリファレンス音源の特性を自分の音源に適用し自動でマスタリングしてくれます
またEQも自由に動かすことも可能です
↑ちなみに先ほどのOneでマスタリングした音源をMaster Matchで解析して適用した音源がこちらです
自分でマスタリングはせずにMaster Matchにまかせただけです
簡単な手順でマスタリングが完了できます

終わりに


zunx2の2017年の買って良かったプラグインにノミネートされました
時短系プラグインが僕は好きなので素直に作業が楽になると感じました
さらにスタンドアロンで使用可能です
マスタリングでいつも困っているという方はぜひ導入してみてください!ではまた

バンドマン時代に使ってきたギターのエフェクターを紹介します
(DTMを始めてからコンパクトエフェクター、ヘッドアンプを全て売ったため今手元にエフェクターやヘッドアンプは一つもないです^^;)
今回はブースターといえば必ず名前が出る
EP Boosterを紹介します

XOTIC ( エキゾティック ) / EP Booster

XOTIC ( エキゾティック ) / EP Booster
XOTIC ( エキゾティック ) / EP Booster
歪みを増すタイプではなくクリーンブースターです
エリック・ジョンソンが愛用しているテープエコー、エコープレックスのプリアンプ効果をシミュレートしたブースター。そのコンパクトなボディからは想像もできないほどの図太く、マイルドなブースト効果が得られます
サウンドハウスさんより引用
そしてつまみがボリュームノブのみというまさに男らしい仕様

隠しスイッチにより音が図太くなる

XOTIC ( エキゾティック ) / EP Booster
実は背面の電池を入れるところにいわゆる隠しスイッチ
があります
これは普通に使ってたら気づきませんw
説明書を読んで初めて気付く方もいると思います
・BRIGHT SWITCH
・+3DB GAIN
というスイッチが背面の蓋を開けたところに存在しています
これを適用すると音が図太くなるのとコシが出ます

常時にONにすることもある

使い方としては主に2つで
・繋ぎ順を最後にして常時ONにしてノブを切る
・普通にブースターとして使う
挿してONにしただけの状態でもEP Boosterの質感により音が太くなります
なのでたまに2つエフェクターボードに入れている人もいます

終わりに

背面の隠しスイッチを僕は結構触ることが多かったので
当時持っていたものは裏蓋が開きっぱなしでした笑
なぜ表面にあのスイッチを配置しなかったのか
遊び心なのだろうか…というわけで今日はこの辺で
ではまた

11/3、11/4に島村楽器金沢フォーラス店にて開催の
RYOGA発売記念 ダルビッシュPさんによるエレキギターセミナーに参加してきました
IMG_1565

楽曲にギターで「エモ」を表現する


ギターセミナーはダルビッシュPさんのVOCALOIDオリジナル曲「夢幻」の楽曲データを元に進められていきました
その中で「ギターでいかにエモさを表現するか」という言葉が特に印象に残りました
ギターバッキングをする場合、単にパワーコードで弾くのではなく
・add 9thコード
・7thコード
を上手く使うことで楽曲に複雑な心地よい響き、いわゆるエモさを表現することができると解説されていました
僕も普段からオリジナル曲を作る際にはエモさを表現したいと考えているのぜひ取り入れていきたいです

ギターを始めた頃はひたすら日々練習

IMG_1578
中学2年生の頃に一度ギターを親に買ってもらい1週間で挫折
中学3年生でもう一度ギターを弾き始めてそこから学校から帰って来たらすぐさまギターをひたすらに練習していたそうです
1日7、8時間練習することもあったそうです
最近の僕はPCの前でひたすらDTMで打ち込みやMIXばかりなので
僕ももう一度初心に戻ってギターを練習しなくては!と感じました
そしていつか僕もダルビッシュPさんのような超絶ギターソロを楽曲の中に盛り込んでみたいものです

曲の開始10秒が勝負!イントロは楽曲の顔

曲を聴いて開始10秒がリスナーとの勝負
とにかくイントロ!ギターで響きが心地良く感じられやすいもので
・オクターブ奏法
が使えると解説されていました
この10秒でいかにリスナーの心を掴むギターフレーズを入れていくか、楽曲制作の中で特に大事な部分だと感じます


ちなみに僕がダルビッシュPさんのオリジナル楽曲の中で特にイントロが好きな曲は「FRAME OUT」です
イントロでリスナーの心をグッと掴める楽曲制作を心がけていきたいです

左右別々のアンプタイプを使って音作り

19
ギターの音を作っていく際に左右のステレオ感を出すために
左右別々のアンプタイプを使って音を作ることがあると解説されていました
広がりはこうやって作る!ステレオ効果(実験)音あり
↑ギターのダブルトラッキングについての僕の過去記事
僕も左を5150、右をMESAという設定をすることがあるので
他にも色々な組み合わせを試してみたいと思います

RYOGA:SpiderClawがめちゃめちゃ弾きやすかった

IMG_1573
ダルビッシュPさんとRYOGAの共同プロデュースによるモデルのSpiderClawを実際に試奏させていただきました
スペックとしては666mmスケール、フレットはステンレスフレット
PUはリアにEMG60、フロントにEMG85、ワンボリューム、トーンなしというまさにハイゲインかつ男らしい仕様
立ってストラップをつけて弾いた状態がとにかく弾きやすい
ヘッド落ちもしない、ハイフレットも弾きやすい
そして出音は心地よい歪み感かつノイズが少ないです
試奏にも関わらず長々とメタルフレーズを弾いてしまいました
IMG_1581
↑色違いのSpiderClaw
EMGピックアップによるノイズの少ない綺麗な歪み具合はメタルキッズにはぜひ一度味わっていただきたいです

↑RYOGAのSKATER、CICADA、HORNETのFirst Impressionの動画がこちら
島村楽器さんのyoutubeチャンネルより引用

終わりに

IMG_1567
すごく充実感のある2日間でした
今回紹介した以外にもたくさんのテクニックがセミナーにて解説されていたので気になる方はぜひセミナーに参加してみていただきたいです。ではまた

毎年恒例のDTMerにとっては「あぁ!この時を待っていた!」
と思わず口に出してしまうくらいのブラックフライデーの時期がきました
pre-bf17-1024x213
早くもWaves社はブラックフライデーによる大セールを始めたようです
ブラックフライデーは他のプラグインメーカーもセールを一斉に始めるのでメーカーの情報から目が離せません
11月はDTMerにとって毎年「さぁ機材を強化する時が来たか…」
と言ってしまうくらいに大事な時期です
ぜひブラックフライデーで欲しかったプラグインや音源を手に入れてみてはいかがでしょうか?
21
※クーポンコード「CK901」にてさらに安くプラグインが入手できます
waves-logo-1024x538
公式HPはこちらです⇨(Waves 公式HP)
過去記事にてWavesのオススメのプラグインをまとめてありますのでぜひ参考にしてみてください

脳筋のわいでも「これはええぞ!」っと感じたWavesプラグイン 5選
不要なノイズを消せる:Z-Noise
チート級ボーカル専用プラグイン「CLA Vocals」実験(音あり)
おすすめのチート級プラグイン「Greg Wells Voice Centric」
ボーカルMIXの強い味方「Vocal Rider」
ではまた!

↑このページのトップヘ