zunx2の暇つぶしDTMブログVer

もはや暇つぶしの域を超えてきました。宅録の限界に挑戦していく!がテーマです!

2017年05月

お疲れ様です。
BIAS AMPの紹介をしようと思います
11月頃に実はBIAS RACKプロセッサーを導入しました

BIAS RACKはBIAS AMPのハードウェア版といったところです

BIAS RACKを買うとBIAS AMP Pro fessinoalも付いてきます
IMG_0477
※BIASの下にあるのはただのプリンターです笑
簡単にどういったものかと言いますと
今までのアンプシミュレーターはあくまでもアンプトーンのみしかいじることができませんでしたが
BIAS AMPはアンプトーンだけではなくアンプの中身までいじることができます
真空管の種類から暖まり具合、チューブの歪み具合やパワーアンプの種類までありとあらゆるところまでこだわることができます
自分だけのオリジナルアンプを作ることができるわけです

まさに魔改造ができるということです
ギタリストにとっては夢のようなプロセッサーといっても過言ではないでしょう

プリセットの完成度が素晴らしい

43
私もアンプシミュレーター色々使いましたがなかなかプリセットが気に入った音のものがなかったんですよ
これは絶対にギタリストならば一度は経験していることだと思います
しかしBIAS AMPは違ったのです
プリセットの完成度が素晴らしいのです
逆にプリセットの完成度が高いので中身をいじる必要ないんじゃなかな?と思うくらいでした
IMG_0351
実際にキャビネットから音を出してみましたが出音は実機と判別できるのか?と思うくらいでした

基本的に使えない音っていうのがない

大体どのアンプシミュレーターも
使えない音だなぁと感じるアンプタイプは存在していました
それが今回はなかったです
特にクリーンの音に関してはメーカーがクリーンのさらに綺麗なクリスタルトーンというくらいのものがあって
最初は私もクリスタルトーンってなんだよ笑と思っていましたが
弾いたらわかるくらいにキラキラするかのようなクリーンの音でした
53
09
特にお気に入りなのはジャズコーラスのモデリングとフェンダーのモデリングでした
ギターはレスポールを使っているのですが
フロントのPUでトーンを絞って弾いた時の心地良さはアンプそのものです

Preampの設定は歪み加減みたいな感覚

24
普段ギタリストでPreampの設定はいじることは滅多にないですし工場や職人さんに見てもらいながらでもない限り中身がどうなってるのか細部の設定は変えることができないです
それがBIAS AMPでは可能なわけですが
私が使った感じではアンプの歪み量の調整といった感じで使っています
EQは付いていますがこの辺はいじりすぎると狙った音を作るのに時間がかかるのと聴き馴染みのない音になりかねないので
プリセットをベースに微量で調整すると良いと思います

POWER AMP部は音の太さや出力レベルの感覚

46
POWER AMP部はTOPOLOGYで音の質が大きく変わってくる
SINGLE ENDED、SPLIT LOAD、PUSH PULL、SOLID STATEの4種類があるが右に回すほど歪みの粒が荒くなっていく感じになる
個人的に一番ちょうど良かったのがPUSH PULLが気に入っていてMESAのトリプルレクチとの相性が良かったです
MASTER KNOBを回すとパワーがどんどん強くなっていきますがこの辺も出し過ぎに注意しましょう
POWER STAGE TUBEを変えるとまた質感が変わって来ます
アンプでいうところの暖かみのような部分だと思っています
BIAS ADJUSTは暖まり具合でCOLDに回せば冷ため
HOTに回せば暖まっている状態になります

キャビネットの種類とマイクの位置や種類も調整可能

42
これはどのアンプシュミレーターも大体できることではありますが個人的にはハイゲイン系には特にSM57のシュミレートが他のアンシュミと比べてクオリティが高かったと感じています
マイキングは基本的に中央を外してエッジの部分を狙います

(スピーカーは中央からは音は出ないから)
無難なのは右側でエッジ寄りにして少し距離を離してやると空気感も出ます
キャビネットの種類もたくさんあるので色々使ってみると面白いと思います

アンプマッチ機能で実機の音をコピーできる

38
これは私はまだ試せてないのですが正直これはチート技だと思います
ケンパーのプロファイリング機能に類似の機能で
実機の音をBIAS AMPに読み込ませてさらに音を細かくいじることができる機能です
友達に1日だけアンプ貸してくれ!といってこっそりアンプマッチで音を吸収!ということができそうですね笑
これはその内私も実践したいと考えています

終わりに

41
基本的に見たことあるアンプタイプはほとんど入っています
また私はハードウェアでBIAS RACKを持っていますがソフトウェアとの連動も不自由ないほどにぬるぬる動きます
またトーンクラウドといって自分のオリジナルアンプの世界のBIASユーザーに公開、共有ができるものもあります
まさにハードウェアとソフトウェアの連携をうまく組み合わせた
新世代のアンプシュミレーターといってもおかしくないと思います
というわけでBIAS AMPでした
ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ

おはようございます
今日はドラムの打ち込みで裏打ちを説明しようと思います
50
ノリが良いのでダンス系の楽曲なので使われたりしますが
ロック系のバンドサウンドでも全然あります

スカコアやダンスソングでよく使われる:裏打ち

バンドサウンドだとスカコアと呼ばれるジャンルでよく使われています
ドッチタッチードッチタッチーという1度は耳にしたことがあるリズムパターンだと思います

私の好きなSNAIL RAMPというバンドも裏打ちを使っています
すごいノリが良くて踊り出したくなりますよね
ちなみにスカコアのノリに合わせて踊ることをスカダンスと言ったりします笑
というわけで早速ドラムの打ち込みに行きたいと思います

ドッチタッチー:ハットで裏拍を刻む

まずは一番基礎のドッチタッチーを作ります
06
見てわかるようにバスの部分にハイハットが入っていません
バス・ハット・スネア・ハットの順番です
裏打ちはハットが裏拍を刻むと覚えておきましょう

オープンハイハットを入れると面白くなる

基本的にはやることは大きな変化はないですが
1発目のクローズハイハットをオープンに変えるだけでも広がりが出てきます
19
この際オープンハイハットを閉める動作として
ペダルハイハットを打ち込むことになります
スネアの位置にペダルハイハットが入ります

足の位置を変えるだけでノリがガラッと変わる

いつもと同様裏打ちも足の位置を変えるだけでも
リズムパターンのノリが変わります
36
裏打ちだけど少しタメのあるようなイメージになりました

リズムパターンはノリを変える場合バスドラの入れ方が大事ということですね

終わりに

というわけで裏打ちの説明でした
最近特に裏打ちのバンドが増えてきてるんじゃないかなーというイメージがあります
昔、先輩が今後若者の中でダンスソングが流行るって言ってて見事に当たってて驚きです
ノリが良いリズムでキャッチーなのでぜひ使ってみてください!
ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ

おはようございます。 FXPANSION ( エフエックスパンション ) / BFD3
FXPANSION ( エフエックスパンション ) / BFD3
最近BFD3を使い始めたので
BFD3を使ってみてのレビューというか
感想を述べてみようと思います

BFD3の音はAD2と比べると遥かにリアル

19
一番最初に使って感じたことは音に関してはすごいリアルです
生ドラムの音にかなり近いと思います
1本1本立てられたマイクに対してそれぞれの被りまでしっかり入ってるくらいです
特にバスドラは音が太いので重心のしっかりしたドラムサウンドになると感じました
AD2にはない音の太さが出ると思います

初見殺しが多い印象がある

初見で触るとえ!?ってなることがいくつかありました
癖のあるドラム音源なのかなと思うことがいくつかありました
・バグが多い(↓の画像はKitがびろーんって広がっている)
C_Nr0CXUwAAxNuL
※PCの性能によるのかもしれない

・GM規格に対応したドラムマップが用意されていない
・重い(BFD3とTrilianを使うとかなりプロジェクトが重くなる)
・音はリアルだが作り込んでやっとバンドサウンドに馴染む
・最初から入ってるKitはRock向けというよりは上品なJazzやPops向けだと感じる
・アンビエンスマイクの調整が必要
・BFD3を使ったプロジェクトデータがフリーズ機能を使うとCubaseごと落ちることがあった
47
GM規格に対応したドラムマップがデフォルトで用意されていません
これは気にする人としない人がいると思います
鍵盤上にずらっと並んでいるドラムマップを覚えるか
BFD3側で自分でGM規格用のMapを作ることが必要になります
これが結構時間かかるのとだいぶちまちました作業になります
Cubaseのドラムマップの規格はGM Mapなのでここのセッティングをしないと
Cubase上で表示されているマップの音と違う音が鳴ったりします
これが初見殺しなので特にDTM初心者の方は混乱するかもしれません
42
色々ドラムMapは用意されていますが私の場合はCubaseで打ち込むならGM規格で打ち込むことがほとんどです
AD2の場合はGM規格に対応しているドラムマップが用意されているので何も設定しなくても楽に打ち込むことができました
45

Grv.offにしないとリズムパターンが再生される


54
最初、自分が打ち込んでいるMIDIによるリズムパターンとは別のBFD3内部のリズムパターンが再生されることがありました
これは右上にあるGrv.offを適用すると治ります
自分以外にもこれを調べている人結構いたので

これはデフォルトから鳴らないようにメーカーが設定するべきだと思いました

金物がフェーダーを下げただけでは音量が変わらない

46
これは最初なんでだよ!?って思ったことです

チャイナがうるさかったのでフェーダーを下げても音量が変わらないことがあります
普通に考えたら下がるはずなのですが
これはアンビエンスマイクに音が入ってるというのが想定されているので
金物は特にアンビエスマイクの設定を変えないと音量が変わらなかったりします
そういうところまでリアルに再現してるのかと思いました

アンビエンスマイクだけで8種類ある

18
31
ドラムのレコーディングを何度かお手伝いさせていただいたり見学したことがあったのですが
その時はドラム3点、タム3、オーバーヘッド、というセッティングがよくあります
ハットは嫌でもいろんなところにかぶるからハットは無しでやるという人もいるくらいです
BFD3の場合はアンビエンスマイクだけでも8種類あったりするので
この調整がなかなか苦戦しました
全種類個別にパラ出しして処理するのは個人的にはオススメしません
色んな解説動画を見ましたがアンビエンスマイクのルームだったりを完全にミュートさせる人もいたので
やはりBFD3は中級者から上級者向けなのかなと感じました
アンビエンスマイクを8種類使うレコーディングは滅多に経験できないのとかなり高額なエンジニア付きのスタジオ録音になるのでバンド経験者でもわからないことがあると思います

最高の音質のドラム音源だが使いこなすのは手軽とは言い難い

個人的にはリアルが故に難しい調整も必要な音源なのかなと感じました
プリセットが想像してたような音と違うというのがあったり
特にMetal系はプリセットから少しいじってというよりは
結構いじる必要があるでは?
と思う節がありました
2種類のスネアをレイヤーさせてみたり、チューニングを変えてみたり色々試行錯誤しましたw
メタルやラウド用の拡張音源のOblivionを使ってみたらそっちを使ってしっくりきたかな?と感じました
細かい調整の解説はMedia Integrationさんよりマスターセミナーの内容が掲載されているので参考になると思います

僕のBFD3の音作りをまとめてみました

どうしてもロック系の力強い音にならない!という悩み相談のDMを受けることが多かったのでこちらで僕なりの音作りを動画&記事にしてわかりやすくまとめてみました
秘伝技:ロック、メタル系ドラムのMIXのやり方を公開します(PASS付き)

終わりに

BFD3使ってみてだいぶ苦戦しました
どのレビュー見てもみんな音良い!っていうのばかりで肝心な細かい部分はあまり書かれていない印象です
最初からある程度作ってあって各楽器に混ぜやすいのがAD2
1から作り込んでいく!というスタイルの方はBFD3なのかなと思います

なので人によってはドラムの音を作る時間が結構かかちゃったりするかもしれないですね
私はだいぶかかりました笑
ドラマーとかドラム好きにはたまらない音源なのは間違いないです
Metal系のスネアのスパッン!!っていう脳天を突き破るような抜けの良いスネアを作るのが難しかったです
プリセットはポス!とかポン!ってなるスネアが多い印象がありました
ブラシとかいつ使うんだよwっていうのもあります
関連記事:【BFD3拡張音源】Metal Snares:5種類のメタルシェルスネア

↑スネアの音で拡張音源がきになる方はこちらもどうぞ
激しい楽曲を作るならば最初から拡張音源を買うことをオススメします

正直最初から入ってるKitは激しい曲よりも上品なJazzとかPOPS向けだと思います
しかし悪いところだけではなく
音自体は実物にかなり近いのでうまく使いこなせると凄まじいリズム隊になることは間違いないと思います
私もうまいこと早く慣れたいですw
というわけでBFD3のレビューでした
ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ

おはようございます。
連日の曲作りやら細かい調整等が終わりまさに抜け殻になってます
この前なのですが宅録で歌ってみたをするためのマイクは
iPhoneの付属マイクでもいけるのか?というのを聞かれたことがあったのですがそれについて軽く書きます

良いクオリティを出したいなら絶対にやめろ

IMG_0474
マイクなので音を録ることはできますがあくまでも通話用として使うのがほとんどです
宅録として使うのは基本的にないです
仮に音を録ったとしても宅録用のマイクと比べると
全体のレンジが狭いのでMIXだけではどうしようもできないことがあります
iPhone付属マイクで録った音声データでCD並みの音質を!と言うのはエンジニアでもない限りさすがに無理があるのではないだろうか

携帯で使用できるIFや専用のマイクもある

基本的には宅録の場合PCを使用することをオススメしますが
家にPCがないという場合は携帯でもキレイに録れるIFやマイクもあります
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iRig Mic HD
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iRig Mic HD
ROLAND ( ローランド ) / GO:MIXER
ROLAND ( ローランド ) / GO:MIXER

nanaでの歌ってみた投稿やツイキャスで歌ってみた生放送でワンランク上の音質を

IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iRig Mic Studio Silver
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iRig Mic Studio Silver
やはり携帯からBGM垂れ流しでの歌ってみたや携帯内蔵のマイクで録るよりも
携帯専用のIFやマイクを使うことでワンランク上のクオリティを出すことができると言えるでしょう
ぜひこの機会にリスナーが聴きやすい音質の環境作りを始めてみるのはどうでしょうか

終わりに

基本的にMIXの依頼などをする際はiPhone付属のマイクはやめろと言う人がほとんどだと思うので今回の記事を書いてみました
というわけです今日はこの辺で!
ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ

DTMやり始めの頃にあったミスというかトラブル事案を紹介します
2mixが終わったらマスタートラックにEQやらコンプやら挿して
最後にリミッターを挿してピークを超えないようにします
しかしピークを超えてしまう事案がありました
もちろんマスタートラックのフェーダーは-0.1dbにしていました

リミッターの後にチャンネルストリップがかかっていた

マスターフェーダーは-0.1dbにしてあるのになぜかピークを超える
リミッターの原理上そんなことがあってしまうとなんのためのリミッターなんだ!ディスプレイ見ながらそう思ってしまいました
しかしこれ、実は思わぬ引っ掛け的なものがありまして
調べてみるとどうやら
チャンネルストリップを適用している場合
青線の下にリミッターをインサートしなければいけない
のです
38
青線の上にリミッターを挿すとその後にチャンネルストリップがかかるので結果的にピークを超えてしまうのです
これは自分以外にも絶対他にも経験してる人がいる気がする

念のために青線の下にリミッターを挿す

これはチャンネルストリップを使っていようがなかろうが
念のために青線の下にリミッターを挿すことをオススメしたいです
12
音源化して世に出した後に「クリップしてるんだけど?」ってならない為に私は今後そうしようと思いましたw

終わりに

こういったトラブルが解決した際には同じ目にあって欲しくないので
解決方法なども記事にしていきたいと思います
これはCubaseユーザーなら1度は経験するんじゃないかなと思います
というわけで今日はこの辺で!
ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ

↑このページのトップヘ