お疲れ様です。明日からまた仕事です^^;
ボーカルMIX時なんかによくあることで
「EQもコンプの処理もオッケーだ!あれ!?高い帯域の部分で耳が痛いと感じる!?」
そういう時に使うエフェクトってないのか!?っていうのあったので記事を書いていきます
あれはMIXする前はそうでもなかったのにMIXした後に耳に痛い帯域が目立つようになってしまったというような状況だと思います
コンプやらマキシマイザーでダイナミクスの処理を行った後に歯擦音の部分まで音量が持ち上がったということなので仕方がないことです
それを解消するエフェクトがあります。ディエッサーってやつです
単純にあの耳に痛い帯域を削りたいので図にするとこういうことです
ディエッサー
すごい素朴な図なんですがそこはご愛嬌ということでお願いしますw
すごいQが針のように狭まったEQというような考え方でしょうか
ピンポイントであの痛い部分を削るのがディエッサーということです
・痛い部分の音量がスレッショルドを超えた時に削る
38
ディエッサーを使うことで歯擦音の制御だけでなくオケに対して
抜けすぎた高帯域を抑えるという効果もあるのでオケに馴染まないなぁという場合に試してみてもいいかもしれませんね
そんな感じでディエッサーでした。
ではまた
スポンサードリンク