zunx2の暇つぶしDTMブログVer

人生は神ゲー!!元バンドマン、脳筋系のわいでもDTMが楽しめるようになったぜ!をモットーにDTMや音楽の情報を発信していきます



おつかれさまです。zunx2です。会社に荷物がこないので午後からずっと事務所でPCの前ですw


そんなことで空き時間があるので今回はPAN(パン)というものをざっくりと説明いたします

簡単に言うと音の場所です

ステレオなんかで聴いてると左からだけ音が流れたり真ん中だったり右だったり色々聴こえ方しますよね

まさに音の場所がある…PANとはあれのことです

DAWソフト使ってるとフェーダーの近くにCとか書いてあるぞなんだあれ?って思ったことありませんか

PAN

・C(真ん中)

・L(左)

・R(右)まさにそのまんまですw

この音の場所を決めることをパンニングと言います

歌ってみたのMIXの場合なんかは基本メインボーカルはCなので動かすことは少ないかもしれませんね

なにか特殊なことをする場合はCから動かしたりすることはありますが基本ボーカルはCです

ハモリの場合なんかは3度下でハモったとしてハモリもCで音量でメインボーカルと距離感を取ったり

または2回ハモリを録って重ねてLとRに振ったりします

そうすることでLとRが別々の音が再生されてるわけなので

ステレオになり臨場感と広がりが出ます

同じデータを複製してタイミングをほんの少しだけずらして

LとRに振るというのでも疑似ステレオ化ができたりします

パラMIXの場合バンドサウンドなどは

PAN2
バッキングギターがL

リードギターがR(ギターソロやメインリフなどはC)
※リードが真ん中にいる場合はバッキングギターをもう一つ録ってそのバッキングをRにもっていく

ドラム、ボーカル、ベースがCというのがよくCDで耳にするパンニングだったりすると思います

この他に応用したやり方もあるかもしれませんね

この辺のことを頭に入れて市販されているCDのパンニングを意識して聴いてみるとおもしろいかもしれませんね

というわけで今日はこの辺で!

ではまた!



おつかれさまです。ボカロP兼MIX師のzunx2Pと申します
雪がすごいことになってますね^^;今年一の大寒波らしいですねorz
金沢も吹雪だったりして凄まじいことになってますw

今日はIFとはなんぞや?っていうのがよく聞かれることがあるので
ざっくりと説明していこうとおもいます

簡単に言うとIFを使うことで

・音質向上
・レイテンシー(遅延)を良くする
・入力数を増やせる
・生放送がBGM付き、エフェクトONでできる(ニコ生、ツイキャス等)

などが起きます!

「PCにマイク入力とヘッドホン出力あるしそれでええやん!」って方もよくいますが

確かにそれでも録音は可能です!が!

それはあくまでも
ボイスメモだったりスカイプで通話するぐらいならちょうどいいです

IFを使用することで音質が良くなります

特にノイズです

PCから「ざー」「じー」ってやつがだいぶ削減されます

そうすることで無駄なノイズがないのでMIXをした際にキレイに仕上がります

そしてもう一つ

48Vの電源供給が可能なIFであればマイクの話でよく耳にする

コンデンサーマイクの使用が可能になります!!

簡単に言うと音がキレイに録れます

その分色々扱いの点で難しかったりはするのですが

宅録をしていると「更なる音質を求めたい!!」って時が必ずくるので

IFを使えばコンデンサーマイクが使える!ということを頭に入れておきましょう
※48V電源供給ができないものもあったりします

それからレイテンシーというのは

PCへ直接マイクをつないでモニターしながら録音した時なんかに

「あれ?音が遅れて聴こえるぞ」みたいな経験があると思います

それでは録りにくいし快適なレコーディングができませんよね?

あれはPCだけで処理を行っているのでその遅れが発生してきます

その遅れをレイテンシーといいます

その遅れを軽減させてくれるのがIFの仕事でもあります

そして入力数というは一度に2本マイクを使って録りたい

アコースティックギターも一緒に録りたい

そういうときのマイク端子やシールドをさせる数のことです

なので宅録していくうちに「あーしたい、こーしたい」なんてことができるようにもしてくれます

最近のだとニコニコ生放送をするためにボタン一つでBGMと声を出力できるものもあります

リバーブやコンプなどもかけながら生放送できちゃったりします

IFをどのように接続するのか図にしておきました
IF

IFを通じてPCとマイクやヘッドホンを仲介するような形になってますよね

IF自体も最近はだいぶ値段も安くなってきているので安いものだと1万円弱くらいで買えたりします

初心者におすすめのものはこちらの
・YAMAHA ( ヤマハ ) / AG03-MIKU
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/202928/

ROLAND ( ローランド ) / TRI-CAPTURE UA-33
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/161485/

STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR242
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/201959/
かなぁと思います
特にミクミキサーは見た目も可愛いし直観的に操作できるので初心者にはぴったりだと思います
値段も安くて買いやすいですよね

そんな感じで今日はこんなところで
ではまた!



おつかれさまです!ボカロP兼MIX師のzunx2Pと申します

今日は歌ってみたをされてる方なんかはよく耳にする

頭出しとはなんぞや?というのをざっくりと説明したいと思います

まずRECをする際はDAWソフト(ex.Cubase .Studio one.Pro Tools.Sonar.Reaper)をおすすめします

必ずDAWソフトで録れ!っというわけではないのですが

今後RECを続けていこうと思うのであればDAWの方が良いと思います

DAWソフトを使用することでマルチトラックでの録音が可能になります

その名の通り複数のトラックを作って録音ができますし、

元々ある音源を入れてその音源を再生しながら録音もできます

わかりやすくいうとカラオケをソフト内で再生しながら録音ができるということです

そんなことしなくても再生デバイス(ipod、ウォークマン、スマホ、)なんかでオケを再生しながら

録ればいいじゃないか?と言われそうなのですがそうなると

カラオケは別の端末からイヤホンやヘッドホンをつけて聴くことになるので自分の声が聴こえないですよね^^;

DAWの場合はカラオケをソフト内で再生しながら録音を開始して

なおかつ録音している自分の声を聴きながらRECすることができたりします

この辺は追々ほかの記事で説明したほうがいいかもしれませんね

では頭出しを図を使って説明したいと思います
頭出し

無事にマルチトラックでカラオケを使いながらボーカル、ハモリまでRECが完了したとします

歌のあるところをRECするわけなので特にイントロの部分なんかは歌がないのでもちろん空白になりますよね

ボーカルを録った部分だけ書き出して保存すればいいや!って普通は思うのかもしれませんが

実はそれだとダメなんです!自分で録った音を歌のある部分のみを保存して

試しにカラオケと合わせて聴いてみるか!とやってみるとこの場合タイミングがズレます!

ズレるということはRECでリズムが良い具合に録れたとしてもそのリズム感が台無しになってしまいます

そのタイミングを合わせるのがMIX師の仕事だろ!!と思う方もいるのかもしれませんが

波形を見たり音を聴いて大体ここだろ!みたいな感じで適切なタイミングを何度も探すことになりますし、

元々のデータ自体のリズム感が自体が失われてしまいますorz

なのでその場合はカラオケの頭部分のところから書き出します

図にするとこんな感じです。

大体の方はプロジェクトの1小節目からカラオケを配置すると思うので

1小節目から終わりにかけて書き出す範囲をして書き出します
頭出し2


すると空白部分も一緒に書き出されるわけなので

カラオケの頭部分とボーカルデータの頭部分が揃いますよね?

そうすることでMIX師さんが「さぁ!MIXするぞ!」といった時に

DAWにデータを取り込んだ時点でタイミングが揃うということです
頭出し3

図にするとこんな感じになります

ちなみにカラオケとボーカル、ハモリは個別にデータを書き出してください

もし頭出しもしたしデータ大丈夫かな?不安だなと思ったら

以前に記事にしたラフMIXをしてみると

頭出しはしているか、タイミングの確認からピッチもある程度自分で確認できると思うので

不安であれば試しにラフMIXを自分でしてみる良いでしょう

ちなみにですがニコカラを動画で見ながらRECというのは基本的にはやめましょう

そもそもそれだとカラオケをDAWに入れてないですしマルチトラックでのRECになってませんよね

それでは頭出しについてはざっくりですがこんな感じで説明を終えたいと思います

では今日はこの辺で!



↑このページのトップヘ