zunx2の暇つぶしDTMブログVer

アマチュアDTMerが宅録の限界に挑戦していく!がテーマです!



おはようございます
空間系の代表とも言えるリバーブについてサクッと説明したいと思います

風呂で歌った時にエコーがかかるまさにあれのこと

部屋の中で手を叩いたりすると響いたりしますよね
あれがまさに天然のリバーブです
天然と聞くと新鮮でおいしそうな感じがしますよね

あれは部屋の中で音が反響しているのです
しかも思ってる以上に反射しまくって自分の耳にきています
反響

部屋の中で声を出した時、上、下、横、
数え切れないくらいの方向から反射して耳に届いています
教会とか、あとは大きなホールだったり場所によってその響き方は変わってきます
これをDAW上で再現する際にプラグインでデジタルリバーブを使います

デジタルリバーブはディレイをめちゃくちゃ複雑に合わせたもの

実はデジタルリバーブはディレイを大量に複雑にかけまくっているものです
これは普通に素人がディレイを使ってやろうとするとほぼ不可能に近いです
そのためデジタルリバーブは数ある反射音の特性をパターン化したアルゴリズムを元に空間を再現したりしています
教会だったり、スタジアムなどの残響音の違いはアルゴリズムの違いというわけです
またサンプリングリバーブといって実際の空間の音を録音してデータにしその空間の残響音を再現しているものもあります
56
ex.Cubase付属リバーブ Reverence

パラメーターについて

35
よく使われるパラメーターを説明します
・リバーブ・タイプ:空間の種類、ルーム、ホール、プレート
短めのアンビエスはルーム、長めだとホールやプレートになります
・アーリーリフレクション:初期反射音
・ディケイ:初期反射音の後の繰り返して起きる反射音
ex.テイルと表記してある場合もあります
・プリディレイ:原音が鳴ってからリバーブ音が鳴るまでの時間
ex.「パーン!」って鳴らすか「ッパーン!」って鳴らすかみたいな感じ、「ッ」の時間
・リバーブ・タイム:リバーブの長さ
・ルームサイズ:空間の広さ
・Wet/Dry:Wetがリバーブの音量、Dryが原音の音量
・ダンピング:リバーブ音の衰退音
・EQ:リバーブ音
のEQ
大体こんなものかなーと思います
リバーブで空間を演出する際
同じリバーブタイプのものをSENDで各トラックに送ります
その際、奥にしたいものは深め、前にしたいものは浅めにかけることで同じ空間で演奏している状態を演出し、尚且つ前後感を作り出します

終わりに

大体こんなものでしょうか、正直リバーブはプリセット選んだらあとはEQ、Wet量、リバーブタイムくらいしか私は触らないです^^;
あとはSEND量で各トラックの奥行きを決めるくらいにしてます
空間系はモニターヘッドホンを使わないと細かいところまで音の変化がわからなかったりするので空間の処理をするときはヘッドホンが必要かなと思います
ギターでリバーブを使う際は弾いた時の心地良さでつまみをいじったりしてますね笑
プレイヤーならではの心地良さを大事にしたいというか笑
特にこの設定で!とかはあんまり考えたことがないです
というわけでリバーブでした
ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ



先日、5月21日に金沢vanvan 泉ヶ丘店さんにて開催の
Cubase Fan Meeting LEに参加させていただきました
DAB6aGRUQAQ4AJ5

Cubaseユーザーの楽曲データ発表の場

IMG_0500
Cubaseユーザーならば楽曲ができていれば基本的に誰でも参加が可能で自分のプロジェクトの内容を発表、解説ができます
他の人の楽曲データが見てみたいなーと思うことって私もよくあって
Cubase Fan Meetingでは発表者の打ち込みテクニックやMIX、マスタリング、インストゥルメントからプラグインまで勉強になることはもちろん刺激になることがたくさんあります

長丁場だがあっという間の時間

21)_170524_0010
発表者は16名の参加で14時から開始で18時終了でした
一人の持ち時間としては15分程度です。その時間は吸収できるものがたくさんあります
幅広い年齢層の参加で高校生の参加もありました
男性だけではなく女性Cuabseユーザーの参加もありました
どの楽曲も個々の個性が出ていて飽きのない有意義な時間でした
普段私はCubaseでVOCALOIDを使いバンドサウンドを作っているのですがダンス系のプロジェクトデータは私の中にない知識やテクニックがたくさんあり取り入れたいものがたくさんありました
DTMerが思うこういうイベントがあったらいいのになぁ!
がある場所がCubase fan Meethingなのだと感じました

Cubase fan Meeting Proは7月23日

今年もCubase fan Meeting は年2回となりました
次回は7/23金沢アートグミにて
Cubase fan Meeting Proを開催
です
Proとい銘打つだけあって豪華クリエイター陣の参加となるそうです
豪華クリエイターのプロジェクトデータはなかなか見れるものではないです
貴重なデータの内容を見れる機会なのでぜひ県外からも足を運んで見ることをぜひオススメします
2016年:Cubase fan Meeting Proの様子が
AbemaTVにてアーカイブが公開されています
一度目を通して見えることをオススメします

終わりに

21)_170524_0002
地元金沢でCubaseの楽曲発表の場があるのは本当に嬉しいことだと思っています
DTMをやる環境としては金沢は恵まれている地なのだと感じております!
これからももっと金沢のDTMシーンを熱くしていきたいなと個人的に思っています
金沢コンピCDとか出せたら面白そうだなと思ってみたり
という訳でCubase fan Meetingでした!
ではまた



お疲れ様です。
BIAS AMPの紹介をしようと思います
11月頃に実はBIAS RACKプロセッサーを導入しました

BIAS RACKはBIAS AMPのハードウェア版といったところです

BIAS RACKを買うとBIAS AMP Pro fessinoalも付いてきます
IMG_0477
※BIASの下にあるのはただのプリンターです笑
簡単にどういったものかと言いますと
今までのアンプシミュレーターはあくまでもアンプトーンのみしかいじることができませんでしたが
BIAS AMPはアンプトーンだけではなくアンプの中身までいじることができます
真空管の種類から暖まり具合、チューブの歪み具合やパワーアンプの種類までありとあらゆるところまでこだわることができます
自分だけのオリジナルアンプを作ることができるわけです

まさに魔改造ができるということです
ギタリストにとっては夢のようなプロセッサーといっても過言ではないでしょう

プリセットの完成度が素晴らしい

43
私もアンプシミュレーター色々使いましたがなかなかプリセットが気に入った音のものがなかったんですよ
これは絶対にギタリストならば一度は経験していることだと思います
しかしBIAS AMPは違ったのです
プリセットの完成度が素晴らしいのです
逆にプリセットの完成度が高いので中身をいじる必要ないんじゃなかな?と思うくらいでした
IMG_0351
実際にキャビネットから音を出してみましたが出音は実機と判別できるのか?と思うくらいでした

基本的に使えない音っていうのがない

大体どのアンプシミュレーターも
使えない音だなぁと感じるアンプタイプは存在していました
それが今回はなかったです
特にクリーンの音に関してはメーカーがクリーンのさらに綺麗なクリスタルトーンというくらいのものがあって
最初は私もクリスタルトーンってなんだよ笑と思っていましたが
弾いたらわかるくらいにキラキラするかのようなクリーンの音でした
53
09
特にお気に入りなのはジャズコーラスのモデリングとフェンダーのモデリングでした
ギターはレスポールを使っているのですが
フロントのPUでトーンを絞って弾いた時の心地良さはアンプそのものです

Preampの設定は歪み加減みたいな感覚

24
普段ギタリストでPreampの設定はいじることは滅多にないですし工場や職人さんに見てもらいながらでもない限り中身がどうなってるのか細部の設定は変えることができないです
それがBIAS AMPでは可能なわけですが
私が使った感じではアンプの歪み量の調整といった感じで使っています
EQは付いていますがこの辺はいじりすぎると狙った音を作るのに時間がかかるのと聴き馴染みのない音になりかねないので
プリセットをベースに微量で調整すると良いと思います

POWER AMP部は音の太さや出力レベルの感覚

46
POWER AMP部はTOPOLOGYで音の質が大きく変わってくる
SINGLE ENDED、SPLIT LOAD、PUSH PULL、SOLID STATEの4種類があるが右に回すほど歪みの粒が荒くなっていく感じになる
個人的に一番ちょうど良かったのがPUSH PULLが気に入っていてMESAのトリプルレクチとの相性が良かったです
MASTER KNOBを回すとパワーがどんどん強くなっていきますがこの辺も出し過ぎに注意しましょう
POWER STAGE TUBEを変えるとまた質感が変わって来ます
アンプでいうところの暖かみのような部分だと思っています
BIAS ADJUSTは暖まり具合でCOLDに回せば冷ため
HOTに回せば暖まっている状態になります

キャビネットの種類とマイクの位置や種類も調整可能

42
これはどのアンプシュミレーターも大体できることではありますが個人的にはハイゲイン系には特にSM57のシュミレートが他のアンシュミと比べてクオリティが高かったと感じています
マイキングは基本的に中央を外してエッジの部分を狙います

(スピーカーは中央からは音は出ないから)
無難なのは右側でエッジ寄りにして少し距離を離してやると空気感も出ます
キャビネットの種類もたくさんあるので色々使ってみると面白いと思います

アンプマッチ機能で実機の音をコピーできる

38
これは私はまだ試せてないのですが正直これはチート技だと思います
ケンパーのプロファイリング機能に類似の機能で
実機の音をBIAS AMPに読み込ませてさらに音を細かくいじることができる機能です
友達に1日だけアンプ貸してくれ!といってこっそりアンプマッチで音を吸収!ということができそうですね笑
これはその内私も実践したいと考えています

終わりに

41
基本的に見たことあるアンプタイプはほとんど入っています
また私はハードウェアでBIAS RACKを持っていますがソフトウェアとの連動も不自由ないほどにぬるぬる動きます
またトーンクラウドといって自分のオリジナルアンプの世界のBIASユーザーに公開、共有ができるものもあります
まさにハードウェアとソフトウェアの連携をうまく組み合わせた
新世代のアンプシュミレーターといってもおかしくないと思います
というわけでBIAS AMPでした
ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ

↑このページのトップヘ