zunx2の暇つぶしDTMブログVer

もはや暇つぶしの域を超えてきました。宅録の限界に挑戦していく!がテーマです!

 Subliminal Pain「境界線」⇦最新曲
↑管理人のDTMユニット:1st EPの購入はこちらから⇨Subliminal Pain CD



BOSSから真空管アンプから最高のギターサウンドを出力するためのチューブアンプエキスパンダーが発表されました
waza_tube_amp_expander_main_gal
waza_tube_amp_expander_back_gal

その名もWAZA Tube Amp Expanderです
こちらもロードボックス兼キャビネットシミュレーターという位置付けになるようです
BOSS/Rolandが開発した”Tube Logic"技術を元に真空管アンプのスウィートスポットを狙い、本来の力を十分に発揮してくれるでしょう

関連記事:宅録で実機アンプを使ってレコーディングするためにロードボックスを導入しよう

BOSSの技の集大成によるチューブアンプエキスパンダー

 
・Wazaの専門知識とTube Logic設計アプローチを使用して構築された、その種の初の真空管コマンドセンター
・ディスクリートアナログコンポーネントを備えた高度な可変無効負荷回路は、最大150ワットの真空管アンプをサポート
・ユーザー調整可能なインピーダンス調整は、アンプの無効負荷を正しく調整し、その自然なトーン、ダイナミックな感触、および歪み特性を維持します。
・お気に入りの設定を保存するための10の呼び出し可能なリグ設定
・GA-FC / FSシリーズのフットスイッチとMIDI I / Oによるディープリアルタイムパフォーマンスコントロール
・ディスクリートアナログ設計およびシームレス音量制御を備えた内蔵100ワットクラスABパワーアンプ
・32ビットAD / DA、32ビット浮動小数点処理、および96 kHzサンプリングレートを備えた強力なDSPセクション
・最高の音質を持つカスタマイズ可能なステレオエフェクト:コンプレッサー、ディレイ、リバーブ、そして4つのEQ
・5種類の選択可能なクローズマイクタイプと3種類のルームマイクオプション、およびユーザースピーカーIRをロードするための4つのスロットを備えた22個のマイク付きキャビネットエミュレーション
・アンプチャンネルを切り替えるための選択可能な直列/並列操作とコントロールジャックを備えた外部エフェクトループ
・ギグ用に最大2台のキャブを接続するためのパラレルスピーカー出力
・FOHコンソール、ステージモニター、およびレコーディングデバイスに接続するためのバランスXLRライン出力(モノラルおよびL / Rステレオ)
・クランクアップしたアンプトーンで静かな練習のためのヘッドフォン出力
・専用編集ソフト(Mac / Windows)
・直接録音と編集者コミュニケーションのためのUSB
BOSS HPより引用
BOSS ( ボス ) / WAZA-HEAD WAZA Amp Head
BOSS ( ボス ) / WAZA-HEAD WAZA Amp Head


技シリーズと組み合わせることでまさに技固めのギターサウンドが出来上がりそうです BOSS ( ボス ) / DM-2W
BOSS ( ボス ) / DM-2W

終わりに

ここ最近ギターサウンドにおいて次々と様々なメーカーがロードボックスを発表していきます
アンプシミュレーター⇨実機アンプへとギタリストの動きがトレンドとなりつつあるのでしょうか
私もロードボックス を使い実機アンプを宅録で行なっていますがやはり心地良さは実機アンプならではのものがあると感じています
というわけで今日はこの辺で!ではまた



凄まじいモノをMy New Gearしてしまいました
UNIVERSAL AUDIOから出ているOXという世界最高のリアクティブ・ロード・ボックスです
UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / OX
UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / OX
ロードボックスとは何?という方はこちらをどうぞ⇨宅録で実機アンプを使ってレコーディングするためにロードボックスを導入しよう

真空管アンプの力を最大限に発揮させる


真空管ギターアンプの最高のいわゆる「スウィート・スポット」での演奏と録音を、ダイナミクスを損なうことなく、どこでも、どんな音量でも可能になります
真空管が温まってくるとギターサウンドのサスティンやパワーの向上などの恩恵も綺麗に反映されるという感覚を味わうことができました
これはどんなアンプシミュレーターでも完璧に再現はできないであろう質感だと感じています
本物の真空管アンプを使って音を出しているからこそ成せる技でありスウィート・スポットをいつでも簡単に宅録で出すことができるのがOXの最大のウリであり特徴なのだと感じました
もしギタリストの方でアンシミュだとイマイチ、スタジオで出すパワー感が足りない…と感じている人はOXを使うことで解消されるはずです
キャビネットシミュレーターはIRデータを使用したシステムではなく革新的なダイナミック・スピーカー・モデリングを使用しています
アプリケーションのにある、Speaker Breakupノブでは
実際のスピーカーキャビネットで起きる現象と同様に、さまざまなスピーカーにおいて特定の周波数や音量レベルによって生じるハーモニクスや複雑な影響をサウンドに付加することができます

PCやiPadでWi-Fi接続によりアプリケーションを操作

OXの細かい操作は専用のアプリケーションをWi-Fi接続でPCやiPadから行います
USBやBluetoothによる接続ではなくまさかのOXにWi-Fiが搭載されているのです
キャビネットの種類はマイクの種類の変更ができますがさらにEQやコンプ、ディレイ、リバーブなどもあります
さらにルーム・マイクの部屋の響きはUADプラグインのOcean Way Studiosのテクノロジーを使用しています
OXと実機アンプによりもはや部屋をギターレコーディングスタジオにしてしまうのです

終わりに



↑D_DriveのYukiさんによるOX活用術
ライブでの使用も可能なので1台あるとレコーディングからライブまでギタリストが必要とする完璧なギターサウンドが約束されると考えることもできるでしょう
自分でも本当に勢いで導入してしまったので今後は長い付き合いになりそうです
というわけで今日はこの辺で!ではまた



BFD3標準ライブラリでのRock系の音色作りについてメモしておきます
FXPANSION ( エフエックスパンション ) / BFD3
FXPANSION ( エフエックスパンション ) / BFD3
僕も最初BFD3を使った時はかなり四苦八苦しておりました。いわゆるBFD3沼というもの
特に標準ライブラリでロック系の音色作りで苦戦されているの方もいるのでは無いでしょうか
今回は少しでもそういった方の手助けになれるような記事になればと思い、音色作りをしてみました
いくつかポイントをこの記事で説明します。参考になれば幸いです

BFD3 70s Rock 2プリセットから作る

↑ロック系の音色を作ってみました
1.BFD3 70s Rock 2というプリセットからスタートしてKitをいじっていきます
スクリーンショット 2019-01-27 20.18.57
2.キックをDWに変更(DWがタイトかつどっしりした音で使いやすい)
スクリーンショット 2019-01-27 20.18.39
3.スネアをMapex Black Pather BladeとTamaでレイヤーさせるTamaはTopの音を強め、BotomやRimは切る)
関連記事:【BFD3】レイヤーの仕方【Link機能】
スクリーンショット 2019-01-27 20.05.53
4.リバーブとフェイザーがかかっているので外す
あとはパラアウトしてDAW側で調整します
パラアウトする時にアンビエンスは細かくせずにまとめてしまいます
BFD3の場合はやたらマイクで空間の音を拾うために立ててありますが
Mono1 Mono2 Mono3 Comp1 Comp2 Room Amb3などはRoomとして考えてまとめてしまいます
ここまでの数のマイクを立ててレコーディングする現場を経験できることは人生の内に一回あるかどうかですし、素人が一個、一個処理しようと考えると見事に沼にハマることになります
僕の場合、BFD3はなるべくシンプルに考えて頭をスッキリさせるためにアンビエンスの近いマイク同士はまとめています
特にBFD3は複雑な構造になっているので作り手は混乱しないようになるべくシンプルに考えれる工夫をしてみてください

Busトラックにオススメのエフェクト

スクリーンショット 2019-01-27 20.16.17
↑H-COMP
スクリーンショット 2019-01-27 20.16.32
↑SLATE DIGITAL FG-N
歪み系のエフェクトをお好みで使ってみてください。できればテープ系とかではなくチューブ系の方がパワーとザラッとした質感が出ます

生ドラムの音作り=ドラム音源の音作り?

おそらくですがこの記事を見てくれた方は既にドラム音源の音作りで悩んでいる人だと思いますのでその前提で話をしますと
参考書とかにあるドラムの音作りみたいなのはあくまでも生ドラムの音作りを元に書いてあることが多いと感じています
個人的にはドラム音源は聴きやすい状態でプリセットから調整まである程度されているので自分がしっくり来るかどうかでEQやコンプの設定を決めてしまった方がかえって納得のいく結果になりやすいと感じています
典型的なMIX沼パターンが「参考書やあの人がこういっているからEQやコンプの設定をそのままやった」その結果、こうでも無いあーでも無いを繰り返しエフェクト挿しまくりの状態になることです
もちろんこの記事をそのままやるかどうかはおまかせしますが参考にして自分なりの音作りを編み出すことをオススメします
わかりやすい例だとAD2にはAD2の音作りがあって、SSD5にはSSD5にあった音作りがあるようにBFD3にもBFD3にあった音作りがあるということです
生ドラムなんかは使うマイクの種類からマイキングの角度、距離で音がかなり変わります
要は人によって環境が違うので全て他の人のやり方をそのまま鵜呑みにすると「全然いい音にならんやんけー!」っとなることもおかしくありません
ドラム音源の音作りに限らず自分の環境にあった方法を情報収拾だけに頼らず独自で探すことも大事なのだと僕は考えています

終わりに

DTMの音作りは自分の環境にあった音作りを探すことなのだと思います。
ネットは便利ですがだからこそ情報収拾だけで終わるのではなく自分の環境に置き換えて考えることも必要なスキルなのだと僕は思います
なのであえて細かくキックやスネアのEQやコンプの設定などはこの記事では省いています
少しBFD3の話から脱線もしてしまいましたが音作りで悩んだら一度試してみて'あくまでも参考'にしてみてください!ではまた
関連記事:BFD3という暴れ馬を使いこなすためにわいが色々やったこと



Steinbergよりあらゆるジャンルに対応するVSTインストゥルメント集「Absolute 4」がリリースされたようです。
STEINBERG ( スタインバーグ ) / Absolute 4
STEINBERG ( スタインバーグ ) / Absolute 4
STEINBERG ( スタインバーグ ) / Absolute 4
新たに追加されたコンテンツが
・Groove Agent5 (あらゆるジャンルに対応するドラム音源)
・Granular Guitars (PadShop用6弦、12弦ギター音源)
・Prime Cuts (プロデューサー Beat BuchaによるGroove Agent用ヒップホップライブラリ)
・Rock Essentials (ロックに特化したGroove Agent用MIDIグルーヴライブラリ)

僕も普段からよく使っているHALion Sonic3が入っています
Steinberg「HALion Sonic3」:Cubaseとの相性抜群!即戦力インストゥルメント

↑Groove Agent5を使ったFinger Drumming

↑Absolute 4に入っているHALion6を使ったオリジナルインストゥルメントの作り方
個人的にはHALion Sonic3に入っているライブラリのHypnotic Dance、Auron、Trium、Anima、Skylabをよく使っていてお気に入りです
 
↑僕がDTMユニットとして活動しているSubliminal PainのPhantom Painの間奏部分のワブルベースでAnimaを使っています
Steinberg HPのAbsolute 4のwebページはこちらから↑HALion Sonic3のライブラリの表示と切り替えについての記事も書いています



最近ハードウェア類がDTMデスクを占拠し始めたのでラックを上手いこと収納するべく
DTMデスクにラックホルダーを取り付けてみました
こちらのラックホルダはQUIK LOKのDTMデスク、Z250に取り付けることができるモノです QUIKLOK ( クイックロック ) / Z250
QUIKLOK ( クイックロック ) / Z250

ラックホルダー:ZM94

QUIKLOK ( クイックロック ) / ZM94

QUIKLOK ( クイックロック ) / ZM94
↑ラックホルダ自体はこういったモノです。
※このラックホルダはZ250に対応しているものです
IMG_0746
DTMデスクに取り付ける時は天板とバーの間にガコッと下向きの取り付け口ではめ込みます
なので一度デスクの天板を取り外してからになります

MONTREUX ( モントルー ) / 六角レンチ 1/20
六角レンチが付属品で付いてくるので六角レンチを使って取り外しをします
おそらくDTMデスクを組み立てる時に最初からラックホルダも一緒に取り付けるのが前提なのでしょう

ネジを回してラックをホルダーに付ける

ラックネジ
ラックネジ
ネジが付属品で付いてきますが初めてラックをマウントする人はおそらく「右のやつはなに?」ってなるかと思います
IMG_0745
↑このようにホルダにねじ込んで使います。この時マイナスドライバーを使うとねじ込みやすいです
この状態で先にラックをホルダに取り付けてしまうとDTMデスクに取り付けることができなくなってしまうので
ホルダに銀色の奴をねじ込む⇨DTMデスクに取り付け⇨ラックをホルダにネジで固定の順番になります
感の良い人は気づくかと思いますが、ホルダに銀色のやつをねじ込む⇨ラックをホルダにネジで固定⇨DTMデスクに取り付けの順番の方が絶対に楽だと思いますがこれはそれができませんorz
なので取り付けの際はラックを何かで支えながらネジを回してホルダに固定することになります
僕は片手でラックを支えながらネジを六角レンチで回して固定しましたがかなり筋力を使いましたorz
なので2人で作業した方が楽かと思います

終わりに

取り付けに苦戦しましたが何とか完了できました。デスクの上がスッキリしたので見た目的にも気に入っています
しかし、ホルダがDTMデスクを組み立て時に一緒に取り付けることをおそらく前提に作られているので取り付けに時間がかかってしまいました。
ラックタイプのエフェクトやチューナーが増えてきたらラックケースや、DTMデスクに収納できるならすることをオススメします
というわけで今日はこの辺で!ではまた

↑このページのトップヘ