zunx2の暇つぶしDTMブログVer

人生は神ゲー!!元バンドマン、脳筋のわいでもDTMが楽しめるようになったぜ!をモットーにDTMや音楽の情報を発信していきます



SteinbergのIF、URシリーズよりついに新ラインナップとしてUR-RT2、UR-RT4が登場です
STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR-RT2
STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR-RT2
Rupert Neve Designs社とのコラボレーションによりトランスフォーマーを搭載しています
1804100104
URシリーズの後継機というわけではなくあくまでも上位機種という立ち位置のようです
ループバック機能やDSP FXはもちろん使うことができます
URシリーズの基本性能をそのままにさらに音質にこだわったプレミアムIFというわけです

気になる価格はUR-RT2が¥38,700円(税抜)
UR-RT4が¥64,800(税抜)で4月24日発売です
現在URシリーズをご使用の方でさらにワンランク上の音質を!と考えている方には機材のグレードアップにはちょうどいいと機会です
というわけで今日はこの辺で!ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ



昨日に引き続きCubase標準で入っているもので色々やってみてます
今回はGroove Agent SEという付属ドラム音源でロック系のドラム音色を作ってみました
個人的な感想ですがCubaseに標準で入っている音源とかプラグインはサードパーティー製に引けを取らないくらい良いものがあると手応えを感じています

その中で僕なりの音作りのポイントをいくつか紹介します

プリセットのLA Redがロック系ドラム音色としてしっくりきた

00
ロック系のプリセットが標準でいくつも入っていますが色々試した結果、LA Redというプリセットが個人的にはしっくりきました
キックのベチベチとした鳴り方といいスネアのスナッピーをカンカンに張ったような音はロック系にもってこいの音色です
※キック、スネア、ハイハット、シンバル、タムなどの各種音色はパラアウトしてミックスコンソール側で音色を調整できるようにしておきましょう

スネアの音色

33
・Studio EQ
45
・Tube Compressor
基本的にMIX時のプラグインもCubase付属のものでやりました
特にStudio EQとTube Compressorは使いまくりました
23
・Envelope Shaper
スネアはほんの少しだけEnvelope Shaperを使って余韻の部分だけ強調しています

これによりパワードラマーの力強いリムショットの質感を演出しています
40
そしてSENDからホール系のリバーブをほんの薄くスネアに送って部屋鳴りも演出しています

キックの音色

32
・Studio EQ
キックの音色が元々ベチベチなっていたので中域は削らずに低域と高帯域のみより強調するような形にしています
超低域辺りは逆に削っています(余分な低域は全体で混ざった時に邪魔になることがあるため)
49
・ComPressor
プリセットのRock BdからスレッショルドとAttackを少し早めに調整
Make UpをAutoではなく手動で調整にしています

ハイハットの音色

20
・Deesser
5K~11K辺りを音量に応じてThreshを設定してReductを2.4、Releaseを165msにしています
※Threshは音量によって変わるので常にかかりっぱなしの状態はNGです
30
・DaTube
サチュレートを薄くかけて音に丸みを与えます
個人的にDatubeは普段から使うことがありますしナチュラルに丸みを与えてくれるのでオススメです
OHはStudio EQ⇨Deesserの順番にしています

タムの音色

17
30
最初から音がある程度できていたのであまりいじることは考えずに
Studio EQとLimiterのみです
Limiterはあくまでもピークを超えないようにする保険としてかけているくらいです
タムはミッドタムとロータムで2トラックですが2トラックともタムのバストラックに送っています

ドラムBussの音色

26
11
・Magnet MKⅡ
Studio EQ⇨Tube Comp⇨Magnet MKⅡの順番です
Studio EQはローカットくらいしかしてないので割愛しています
SENDでホール系リバーブを薄く送って空気感を演出しています
Magnet MKⅡもテープ系のサチュレーターとして普段から重宝しています
音に太さと暖かみを付加してくれるのでいつも積極的に使っています

終わりに

大事なポイントはいかに好みの音色にたどり着くかだといつも考えています
(アーティストとして活動するならば尚更、音作りをメインで考えるのではなくあくまでも曲作りをメインにするため)
そのため一度作った音色はプリセットとして保存してしまうのも手だと思います
個人的に1番大事に考えているのはEQやコンプよりもまず先にフェーダーによる全体のバランスを見た音量調整だと考えています
この作業が一番基本ですが一番大事だと思っています
まずは好きなプリセットを選んでしまってそこからフェーダーで全体のバランス調整⇨EQで余分な帯域をカット⇨コンプでダイナミクスを調整(場合によってはかけない場合も全然ある)⇨SENDで空気感を演出が一連の流れにしています
モノによってはEQもコンプも何もかけないほうが良いと判断する時も全然あります
あくまでもこの記事は参考程度で良いと思います
と言うわけで今日はこの辺で!ではまた



先日Cubase内蔵のアンプシミュレーターで音を作る機会がありまして
久しぶりに使ってみました。なかなか良い音になりましたので
工夫したポイントとパラメーターを解説します

バッキングギターのセッティング

01
・アンプタイプ:Diamond(おそらくMESA/Boogieのシミュ)
ロック系のギターアンプで鉄板と言われているMESA/Boogie風の音にしました
パラメーターは
GAIN:12時
BASS:12時
MIDDLE:11時
TRLBLE:12時
PRESENCE:2時
LR別々に録ってダブリングしています(LRで若干パラメーターを変えています)
08
MIX時にバッキングギターのBussトラックにステレオエンハンサーを挿しています
関連記事:広がりはこうやって作る!ステレオ効果(実験)音あり
20b6babf-s
↑ダブリングがわからない方は関連記事をどうぞ

リードギターのセッティング

15
・アンプタイプ:Plexi Lead(おそらくJCM2000のモデリング)
リードギターは抜けを意識した音作りにしています
パラメーターは
GAIN:2時
BASS:9時
MIDDLE:10時
TRABLE:11時
PRESENCE:2時
リードギターなのでPANをCに配置しています
こちらもスタジオで鉄板と言われているアンプのシミュレートです
実機の場合は僕はBASSをがっつり上げるのですが思っていた以上に最初から低域が強いシミュレートだったので逆にBASSを下げています
ここから先はまだ解説が続きますがPASSワード認証性の限定公開とさせていただきます
MIXで使ったプラグインや応用テクニックを紹介します
PASS付き記事についてはこちら
続きを読む

↑このページのトップヘ