zunx2の暇つぶしDTMブログVer

暇つぶしでDTMブログをかき綴っていく!DTM生活5年目に入りました!機材レビュー!制作のノウハウをお届け!


管理人のDTMユニットの最新アルバム『Phantom
MIXの依頼やレッスンに関してはTwitterのDMへお願いします!


NAMM SHOW2020にてZOOMより発表されたマルチプロセッサーG11。まさにZOOMの集大成とも言える目玉新製品です。今回G11を試奏出来る機会がありましたのでレビューします。
ZOOM ( ズーム ) / G11
ZOOM ( ズーム ) / G11 

まさに集大成とも言える圧倒的なクオリティを誇るG11

ZOOM ( ズーム ) / G11 ZOOM ( ズーム ) / G11
ZOOM ( ズーム ) / G11
結論から申しますとまさにZOOMの集大成!と感じさせるほどのクオリティです!胸を張ってこのマルチエフェクターをオススメします。
プリセット、A-1のKRAMPUSがザクザクとしたハイゲインの歪み感、重厚感共にギタリストが弾いていて心地良いと感じさせてくれます。僕は音を出した瞬間に「お!これだよ!この感じ!」と口に出してしまいました。ハイゲインスタックアンプから音を出した時の粘り気やバイト感を十分に感じられます。
アンプのシミュレートはG5nに入っているアンプタイプはもちろんのこと、今回から新たに収録されているアンプタイプもあります。
私のお気に入りは新開発され今回追加されたKRAMPUSと7 Heavenです。Djentやハードコアのジャンルを弾いている方は好みのサウンドのはず。分厚いバンドアンサンブルの中でも存在感のあるギターサウンドを構築することができるアンプモデルです。ハイゲインアンプのみならずクリーンやクランチサウンドもギタリストのニーズをわかっているプリセットが用意されています。アンプシミュレーターを初めて使用する人でもきっと気に入ったサウンドを得ることができますよ。

液晶タッチパネルで直感的な操作でサウンドメイクができる

フロントパネルに大きな液晶タッチパネルがあります。この液晶パネルを使用し、サウンドメイクを行います。アンプシミュレーターを初めて使う方でも直感的に音作りを楽しむことができますよ。
ルーティングを一目で確認できますし、順番も簡単に決められます。バイパスのON/OFFもわかりやすいです。またIRのON/OFFもわかりやすく、複雑な操作もありません。「こういうの直感的な操作ができるマルチエフェクターを求めていた!」というギタリストのニーズに答えてくれます。

IRのこだわりを強く感じられる

今回僕が特にこだわりを強く感じたところはIRです。部屋鳴りの空気感の再現度が素晴らしい。
キャビネットごとに3つの異なるマイクポジション(オンマイク/オフマイク/ルームマイク)で収録された70個のIRデータをプリセットするほか、サードパーティー製のIRデータも最大130個までロード可能。
ZOOM 公式ページより引用
平面的なサウンドではなくちゃんとサウンドに奥行き感があります。LINE出力した際にも手応えのあるサウンドが得られますよ。今まで様々なアンプシミュレーターを使用してきましたがここまでIRに対するこだわりを強く感じたのは初めてです。70個のIRデータの詳細はこちら

おわりに

いかがでしょうか…。G11のクオリティは是非とも体感していただきたいです。サウンドメイクがまさに自由自在で、操作や使い勝手もちゃんとギタリストのことを考えた作りになっています。またMIDI入出力も付いており、外部機器との連携も可能です。というわけで今日はこの辺で!ではまた



プラグインをMy New Gearいたしました。今回はノイズ除去系のプラグインです。
ERA 4のPlosive Removerです。このプラグインはボーカルのポップノイズを除去するプラグインです。
実は以前にデモ版を使ってみていました。デモ版を使っていた時からポップノイズの除去のクオリティに満足しており、今回は仕事でどうしてもこのプラグインが必要な場面がきたので導入してみました。
プラグインは必要な時に必要なものを手に入れるというスタイルが大事だなぁと思いながらポチりました。
デモ版は2週間ほどフル機能が使えますので気になった方はデモ版を試してみることをオススメします。

簡単操作でポップノイズをキレイに除去できるプラグイン


ボーカルレコーディングをした際に入り込んでしまうことがあるポップノイズを除去します。
実はレコーディングでポップフィルターを使っていたとしてもポップノイズが入り込んでしまうことがたまにあります。ちなみにポップノイズとはいわゆるぱ行(ぱぴぷぺぽ)などの破裂音のことです。
そのポップノイズをピンポイントで削るためにはボリュームオートメーションやEQの処理だけでは難しいです。
その厄介なポップノイズを簡単にワンノブの操作だけで除去できてしまうという素晴らしいプラグインなのです!
スクリーンショット 2020-05-01 0.44.10
使い方は簡単でポップノイズが無くなるまで中央のノブを右に回すだけです。
MODEがNORMALとEXTREMEの2モードが用意されており、EXTREMEモードはその名の通りさらにノイズ除去の精度が強くなります。わざとらしいようなクセのあるノイズ除去にもならず、自然にポップノイズが除去されます。コストパフォーマンスも良く、導入の敷居が低いのもオススメのポイントです。ちなみにERA 4はシリーズモノでボーカルのノイズ処理やダイナミクス処理に特化したプラグインがPlosive Remover以外に5つあります。
  • Noise Remover(ノイズ除去)
  • De-Clipper(クリップ除去)
  • Reverb Remover(リバーブ除去)
  • Plosive Remover(ポップノイズ除去)
  • Voice Leveler(音量平均化)
  • De-esser(歯擦音除去)
このようにノイズ除去とボリュームの均一化をワンノブ操作で完了できてしまうといったエンジニアにはとてもありがたいプラグインなのです。僕は単品買いしましたがバンドルで購入してもコスパが素晴らしいです。
  • Plosive Removerの購入はこちらから
  • ERA 4 Bundle Standardの購入はこちらから

おわりに

素直に導入してよかったなと思えるノイズ除去プラグインです。宅録でボーカルレコーディングをしている人はERA 4シリーズを持っておくとめんどくさいノイズ除去を簡単に処理できますよ。
というわけで今日はこの辺で!ではまた



Cubaseを使用して「音が出ない!」という経験はDTMを始めた人は誰しもが経験するはずです。
この記事では音が出ない時に確認するポイントを解説します。
音が出ないというトラブルはDTMerは誰もが通る道ですのでこの機会に克服しましょう。
スクリーンショット 2020-04-28 4.38.59

IFがCubaseに認識されているかを確認する

スクリーンショット 2020-04-28 4.31.24
メニューバー⇨スタジオ⇨スタジオ設定で使用しているIFがCubaseに認識されているかを確認します。
スクリーンショット 2020-04-28 4.31.48
VSTオーディオシステムからお使いのIFに設定しましょう。ここが使っているIFと違うものが表示されている場合はもちろん音が出ません。

オーディオコネクションを確認

スクリーンショット 2020-04-28 4.32.07
オーディオコネクションを確認します。メニューバー⇨スタジオ⇨オーディオコネクションの順番です。
スクリーンショット 2020-04-28 4.32.32
入出力共に使用しているIFがオーディオデバイスに設定されているかを確認しましょう。
スクリーンショット 2020-04-28 4.32.40
スタジオ設定でVSTオーディオシステムをIFに設定している場合でもオーディオデバイスが未接続になっているケースがあります。Cubaseから音が出ない時はオーディオデバイスの設定も確認しましょう。
特に複数のIFを所有している方はオーディオデバイスで不具合が起きていることがよくありますので気をつけましょう。

↑モニタリングで不具合が起きている場合はこちらの記事を参考にしてみてください。

IFのドライバーを確認する

STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22C オーディオインターフェイス 32bit/192kHz
STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22C オーディオインターフェイス 32bit/192kHz
「そもそもIFがPCに認識されない」というケースもあります。そういった場合はお使いのIFのドライバーを確認します。
もしドライバーがPCにインストールされていない場合は使用しているIFのメーカーの公式ページへ行きドライバーを最新版にインストールしましょう。
  • SteinbergのIFのドライバーはこちらから
  • Universal Audioのドライバーはこちらから
  • Roland Rubixシリーズのドライバーはこちらから
どこのメーカーも公式サイトでドライバーのDLが可能ですのでお使いのIFのメーカーのドライバーをDLしましょう。
ドライバーが古すぎて不具合が起きるといったこともあるのでドライバーが怪しい場合はぜひ最新版してみてください。

おわりに

いかがでしょうか?Cubaseから音が出ないという時は大体はこれらを確認することで問題が解消されます。僕も昔は音が出なくてあたふたした経験があります。今では冷静に対応できるようになりました。
IFを複数所有している方はオーディオコネクションの設定で不具合が起きていることがあります。
というわけで今日はこの辺で!ではまた



4年ほど前からこのブログを始め、現在では毎月定期的に収入が入ってくるようになりました。
ネットでマネタイズをする前は「そんなことができるわけがない」と思っていましたが僕以外にもネットで収益を上げている音楽家の人は多くいることを知り、実際にやってみると本当にできたので驚きました。ネットで収益を上げる方法は365日24時間あなたが寝ている間にもコンテンツが働き続けてくれますよ。工夫次第では初月からネットで収益を上げることができるはずです。
具体的な方法をこの記事でまとめてみます。

1.サブスプリクションサービスで音楽を配信

Apple MusicやSpotify、Amazon Musicなどのサブスプリクションサービスへ音楽を配信する方法です。これはオリジナル曲を持っている人であればすぐでも始められる方法です。自分のオリジナル曲が世界へ発信できると思うとそれだけでもワクワクしてきますよね。
さらに配信した曲が再生されるとそれだけで収益が発生します。再生よりも特にDLされた方が報酬が高いです。
サブスプリションサービスへ配信する方法としては代行サービスを利用する方法があります。
TuneCoreBIG UPFrekulを使用して各サブスクサービスへの配信が可能になりますのでまだ利用してない方はこの機会に登録してみましょう。

オススメはTuneCore Japanです!

2.オーディオストックで音楽のストック型収益を発生させる

AudiostockでBGM・効果音を販売中!
特に音楽クリエイターから注目を集めているオーディオストック。作成した音源をストックし、審査に通れば販売が開始され、使用されることで収益を発生させることができます。特にDTMをしているミュージシャンには最適なサービスです。
登録される際はぜひこちらのコードをご利用ください。「P9Aynuk5s1Bz」こちらのコードを利用することであなたにも私にも300円(税込)が進呈されます。
ああああ
会員登録画面の招待コードに入力するだけでOKです!

3.BASEでCDやグッズを売る


無料ネットショップ開業【BASE】
こちらはCDやグッズをネットで販売する方法です。
「ネット販売は難しそう」と感じる方もきっといることでしょう。BASEを使用することで無料でネットショップを簡単に開業できますよ。初期費用、月額費用が0円というのも嬉しいポイントです。
ちなみに音楽データの販売も可能なのでCDではなくDLの販売にも対応できるわけです。ちなみにCDを制作するための材料費などを考えると利率で考えればDL販売の方が利率が高いです。
ちなみにグッズをまだ持っていないという方もいるはずです。そういった方のためにBASEではオリジナルグッズの制作も可能です。
 
Tシャツやスマホケースも作ることができますのでぜひこの機会にBASEに登録してみましょう。

4.音楽ブログサイトの運営

ネットで不労所得を得たいのであれば一番オススメする方法がブログ運営です。
マネタイズのみならず自分の音楽活動を多くの人に知ってもらえるのが大きなメリットです。
ブログはカテゴリーや関連記事、日付からも過去記事を見ることができますし、検索エンジンからの流入もあります。まさにネットにおいての資産がブログです。
定期的に更新するばそれだけ多くの人に自分を知ってもられることになります。ブログ運営では広告収入や機材レビューによるアフィリエイト報酬といった収益が発生します。特に広告収入はアクセス数に比例して収入が上がっていきますのであなたが寝ている間にもマネタイズのチャンスがあります。
僕もネットの定期的収入はブログが一番大きいですよ。

ブログ運営で収入を得るための方法を解説した記事がありますのでぜひ参考にしてみてください。

5.noteでサークルやマガジン、有料記事を配信

20171106104230
noteを利用するミュージシャンも増えてきました。手軽にコンテンツを作ることができ、有料販売も可能です。ブログ運営にハードルの高さを感じている人はnoteでも良いと思います。
  • 無料で利用できる
  • 音楽、画像、動画、文章の扱いが可能
  • 有料販売が可能
  • マガジンの作成が可能(コンテンツをまとめる)
  • 継続課金のマガジンの作成が可能
  • 投げ銭機能
僕もnoteは普段からよく使っています。ブログとは別に何か記事を書きたいときによく使用します。
実際に僕も有料記事による収益や投げ銭による収益が毎月発生しています。
スクリーンショット 2019-12-11 0.14.08
合計で今まで90回以上の購入が発生しました。特にミュージシャンの場合は楽器の技術的な記事を書くとウケが良いと感じています。ある程度記事を書いて、ライティングに慣れてきたら有料記事に挑戦してみましょう。

おわりに

ざっと5つ紹介させていただきました。どれも実際に僕も収益を発生させることができているものです。すぐにでも始められるものを紹介させていただきましたのでマネタイズに興味がある方はぜひやってみてください。特に僕の推しはブログ運営です。広告収入とアフィリエイト収入はまさに寝ている間にも発生しますよ。というわけで今日はこの辺で!ではまた



コロナウイルスによる外出自粛でこれを機会にスマホで歌ってみたをやろうと考える人もいることでしょう。
現代では手軽に歌ってみたを楽しめるスマホアプリもありますので機材を揃えれば意外とすぐに始められますよ。
ちなみにスマホのスピーカーからカラオケを垂れ流して歌を録るという方法は音質やノイズ量が多く、あまりオススメできません。せっかくの上手な歌声が台無しになってしまいます。必要な機材を揃えてキレイな音質で歌声を録音できればクオリティに自信がつくはずですよ。
この記事ではスマホで歌ってみたをするために必要な機材をまとめておきます。

↑関連記事:手軽に良い音でnanaを楽しむためにオススメの入門用マイクを紹介!

スマホ用IF

IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iRig PRE HD
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iRig PRE HD
スマホとマイクを接続するために仲介役の機器が必要です。それをオーディオインターフェイスと言います。外部のマイクを使用できるため、いつもライブで使用しているお気に入りのマイクをスマホでも使用できるようになりますよ。
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iRig Mic Studio Black
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iRig Mic Studio Black
コンデンサーマイクの使用が可能になるIFもあるのでさらに音質にこだわったレコーディングができます。歌のレコーディングのみならずラジオ配信にもIFは使用できるのでYoutube Liveやツイキャスで高音質な音をリスナーに届けられますよ。

マイク

SHURE ( シュアー ) / SM58S 定番ダイナミックマイク
SHURE ( シュアー ) / SM58S 定番ダイナミックマイク
やはりマイマイクがあると愛着が湧きますよね。IFをスマホと繋いで自分のマイクを使用しましょう。
ダイナミックマイクのオススメは定番のSHURE SM58がオススメです。
スタジオやライブハウスにも常設されているほどの定番です。ダイナミックマイクは初心者にも扱いやすいので初めての1本にもオススメのマイクですよ。
audio technica ( オーディオテクニカ ) / AT2020
audio technica ( オーディオテクニカ ) / AT2020
コンデンサーマイクの定番はオーディオテクニカのAT2020です。扱いやすくクリアな音質です。あのビリーアイリッシュも愛用しているようですよ。コンデンサーマイクは48V供給が必要なのでお手元のスマホ用IFが48Vファンタム電源を供給できるか確認しましょう。スマホのマイクとは桁違いの音質に感動するはずですよ。
audio technica ( オーディオテクニカ ) / AT2020
関連記事:スタジオやカラオケでマイクを清潔に使用する方法

マイクスタンド

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / MSB/BLACK ブームマイクスタンド
CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / MSB/BLACK ブームマイクスタンド
マイクを持ったまま歌うとハンドリングノイズが入ってしまいます。ハンドリングノイズとは簡単に説明するとマイクを握っているときに振動で入ってしまうノイズです。
マイクをスタンドで固定し、歌うことで余分な力が入らずリラックスして歌えるのでマイクスタンドの導入をオススメします。

ポップフィルター

TASCAM ( タスカム ) / TM-AG1
TASCAM ( タスカム ) / TM-AG1 TASCAM ( タスカム ) / TM-AG1
プロのレコーディング映像を見ているとマイクの前に黒い布のようなものを見たことはありませんか?
それがポップフィルターのことです。ポップフィルターが無い状態でマイクを使用した場合はポップノイズと言って「ボフッ!」というノイズが入ってしまいます。
不要なノイズはレコーディングの段階ではなるべく入らないようにするのが鉄則です。ノイズが入ってしまってせっかくの良いテイクが台無しというのは勿体無いですよね。
レコーディングする際はポップフィルターを必ず使用しましょう。

ヘッドホン

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CPH7000 密閉型モニターヘッドホン
CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CPH7000 密閉型モニターヘッドホン
レコーディングをする際にヘッドホンは必需品の一つです。ヘッドホンを使わずにオケを垂れ流して歌った場合はかなりの確率でハウリングと音割れを起こしてしまいます。
また、自分の歌声をヘッドホンからモニタリングするのもレコーディングの鉄則です。
モニタリングができない状態で歌を歌うと自分の声が聴こえずピッチも不確かになってしまいます。快適なレコーディングをするためにもヘッドホンは必ず用意しましょう。

おわりに

いかがでしょうか。意外と予算としては少なめでも機材を用意できます。ぜひこの機会にスマホで歌ってみたを高音質で楽しみましょう。というわけで今日はこの辺で!ではまた

↑このページのトップヘ