zunx2の暇つぶしDTMブログVer

元バンドマン、脳筋系のわいでもDTMが楽しめるようになったぜ!をモットーにDTMや音楽の情報を発信していきます



DTMでよく耳にする「MIXってなんだよ!?」っていう人のために
わかりやすく簡易的に説明した記事を残しておきます

聴きやすく音を整理する作業

09
MIX作業は各音色(ex.ギター、ボーカル、ドラム、ベース)を
聴きやすく整理する作業
です
基本的にレコーディングの段階である程度綺麗に録れていることを前提に作業を始めます
僕の場合はトラック数が30~50前後なのでそのままでは音がごちゃごちゃしてしまって心地良く聴くことができません
そのため
心地良くリスナーに音源が聴けるように調整をかけていくわけです

1.音量を調整する

0dbの中での戦い
音を正常に聴こえるようにするためには0dbを超えてはいけません
REC時に絶対に起こしてはいけない:音割れ(クリップ)
↑その理由を以前記事にしています
9ab73306-s
このように0dbを超えた場合は音がブツブツと鳴ったりします
わかりやすくいうと0dbを超えると音に異常が起きていると考えてください
トラック数が増えていくと重なっている音が増えるわけなので音量がどんどん大きくなり0dbに近づいていきます
そのため0dbを超えないようにMIXで調整をかけます
他にも音量を調整する理由は音の前後感を決めるためだったりもします

2.音の配置を調整する

PAN
スピーカーやヘッドホンなどで音楽を聴いた時に右と左、別々の音が流れていますが
何も調整をかけていない状態だと音は基本的に真ん中(C)に配置された状態からスタートします
そのため各音色をL(左)R(右)C(真ん中)で聴きやすい場所に配置していきます
これをパンニングとも言います
音の場所を決める!?PAN(パン)
46
↑私は基本的にこのような配置にしています
このように聴きやすい配置に音を並べていく作業をMIXで行なっています

3.音の成分を調整する

51
音にも成分があります。この成分を帯域と言います
帯域が各音色同士でぶつかってしまうと音がスッキリ聴こえてきません
何も調整をかけていない場合だともちろん帯域はぶつかっていることが多いのでこれらをEQを使ってスッキリと聴こえるように調整していくわけです
EQを使う前に知っておきたい知識:各帯域について
↑以前このような記事を書いています

終わりに

ざっくりと3つにするとこんな感じでしょうか
かなりざっくりなので他にもやることは山ほどあります
音の奥行きを演出したり、ボーカルのピッチを補正したり
音圧を出したり、数えるとキリがないですがとりあえず
・音量を調整する
・音の配置を調整する
・音の成分を調整する

この3つを最初は頭に入れておくといいと思います
というわけで今日はこの辺で!
ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ




最近外出も増えてきてネット、リアルどちらの生活でも会話が以前より増えて来ました
面白い人だなー!と思った人の共通点がいくつかあったのでまとめておきます
面白い人はギャグセンスが高いだけの人を言っているわけではありません
TSU_NY5841dis_TP_V

とにかく実行力がある

OZPA_omaenoiine_TP_V
何でも思い立ったら即行動、自分がこれをしたい!と考えたらすぐに行動に移しています
とりあえずやってみて壁にぶち当たったらその時にまた対策を練る
今、自分がやってみたいことはすぐやってみる!という発想の人は会話が続くことが多いです
逆にネガティブな「どうせ俺なんかじゃ…」という考え方では会話したとしても長続きしません
失敗しようがどうなろうが実行しないよりマシです

真面目すぎない

GREEN_HO20140125_TP_V
とりあえずどんな方法でも良いから自分の達成したい目標を超えようとしていると感じます。だから失敗を恐れていない
真面目すぎる人は「やらなくて良い努力を頑張ってる」ので遠回りが多い
僕も以前までバカ真面目に働いていた時期がありましたが
意外と細かいプロセスの部分は見られていないことがほとんどでした
結果が良くて完了できてしまえば何をしようが良いわけです
もちろんルールの範囲内
です
わかりやすい例でゲームで例えると
・ポケモンをレベル100にするために一人でちまちま頑張って1ヶ月かけて100にするのか
・誰かに手伝ってもらったり、先駆者にノウハウを有償でも良いから教えてもらって1週間で100にするのか
というような違いです
真面目すぎない人はとにかく効率が良いですよね

具体的に次に何をするのか決まっている

Green5_bite20141123160246_TP_V
面白い人は今自分がどうなってて課題に対して次をどうしようか決めている人が多い
です
何をするにしてもとにかく現状と次どうするのかが決まっていないと行動を起こそうにもなかなかできないですよね
具体性のない話は着地地点が定まっていないので会話の内容もあやふやなことがほとんどです
自分がやってみたい!と感じることをじゃあそれをするための次の一手はどうするのか?具体的に詰めて行けたら話がどんどん膨らんでいきますよね
まずは
・現状の自分はどうなっているのか
・自分は何をしたいのか
・そのために何をする必要があるのか
この3つを明確にするだけでも全然変わると思います
何をする必要があるのか?で答えがなかなか出ない場合があると思いますがその時は先駆者に聞いてみるのが良いかもしれませんね

終わりに

TRTM9296_TP_V
面白い人をまとめると
良い意味でバカで行動が早くて次のことを明確に考えている人
なのかもしれませんね
ドラゴンボールで例えると魔人ブウです
魔人ブウはバカだけど自分がこうなりたい!と思ったら行動が早いですし次どうするのかを常に考えています
さらに失敗しても死ぬわけでもないし何とでもなるだろといった考えなので悩むことが少ないです
というわけで今日はこの辺で!ではまた!


↑このページのトップヘ