zunx2の暇つぶしDTMブログVer

元バンドマン、脳筋系のわいでもDTMが楽しめるようになったぜ!をモットーにDTMや音楽の情報を発信していきます



今月に入り、特にDMやリプライなどで質問をいただけるようになりました
その中でよくある質問の1つのオススメのDAWソフトは?について記事にしておきます
tsuchimoto0I9A6480_TP_V

どのDAWソフトもグレードが最上位ならばできることは大体同じ

09
各メーカーからたくさんDAWソフトが出ています
僕もDTMをやり始めの頃は色々なDAWソフトの廉価版だったりフリーソフトのDAWを使っていた時期がありました
DAWソフトをアップグレードしようと考えた時に各メーカーのDAWソフトを自分なりに調べましたが
どのDAWソフトもグレードが最上位ならばできることは大体同じ
だと感じています

情報量の多さでCubaseを選んだ

自分なりにDAWソフトを調べていた時はひたすらググったり、色々な方からアドバイスをいただきました
その時に感じたことが圧倒的に情報量が多かったのはCubaseでした
Cubase
STEINBERG ( スタインバーグ ) / Cubase Pro 9
他のメーカーのDAWソフトはこれよりも安価なものもありますが
僕の場合は金額ではなく情報量の多さでDAWソフトを選んだということです
国内トップのシェア率なので動画サイトでの解説も基本的にCubaseを使っているものが多いです
解説動画で見たことをそのまま自分のDAWソフトで試すことができることが多いので置き換えて考える必要がありません
これはトラブルが発生した時にも心強いことです

安価で良いDAWソフトは?と聞かれてCubase以外のソフトを答えてもその後の質問に困る

僕の場合は最上位版のDAWソフトはCubase Proしか持っていません
そのため他のメーカーのDAWソフトで安いものを紹介はできますが
その後に質問されても操作感や仕様などの細かいところまで答えることに責任が持てません
わかりやすくゲームで例えて説明しますと
ポケモンのレッド版をやっているのにピカチュウ版の質問をされて答えても詰めることが難しい。みたいな感じでしょうか
なのでCubase以外にもオススメはできますがその後の操作感や仕様については責任は持てません

最初はCubase AI(バンドル版)でも良い

僕が安価で良いものは?と答える時にはCubase AIがIFに付属してないかを聞きます
STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR12
STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR12
↑(Cubase AIはSTEINBERGのURシリーズに付属されています、STEINBERGの他の製品にも付属されていることがあります)
Cubase Proに比べてもちろん操作に制限はありますが
初心者に必要な基本的な操作はこれだけでも可能だと感じています
もっとクオリティをあげたい!という場合にアップグレードを検討すると良いと思います

STEINBERG ( スタインバーグ ) / Cubase Elements 9
STEINBERG ( スタインバーグ ) / Cubase Elements 9
↑AIの一つ上のグレートがこちら、わりとリーズナブルな価格です
STEINBERG ( スタインバーグ ) / Cubase Artist 9
STEINBERG ( スタインバーグ ) / Cubase Artist 9
↑Elementsのさらに上位版がこちら
機能はElementsより上ですがピッチ補正機能などが制限されています
STEINBERG ( スタインバーグ ) / Cubase Pro 9
STEINBERG ( スタインバーグ ) / Cubase Pro 9
↑Cubaseの最上位版、まさにプロ仕様で中田ヤスタカさんや岡崎体育さんなども使用されています

終わりに


僕も他のDAWソフトにも興味はありますが今の所はCubase Proを使い続けようと考えています
結局どのDAWでもできることは同じですが質問する人によってオススメは変わるということです
ちなみにCubaseはCubase Fan Meeting Proという国内最大級のDTMイベントが開かれたりもしていますよ
Cubaseユーザーにとって夢のようなイベント:Cubase Fan Meething PRO
↑Cubase Fan Meething PROのアーカイブです
というわけで今日はこの辺で!ではまた!



先日のRienさん(@rien_kagamineee)さんのツイッター歌ってみた動画のMIXを担当しました
その時に使ったハモリを擬似ダブルトラッキングする技を紹介します

同じ音源を複製して左右に振るだけではステレオにはならない

3a134e25-s
サビのハモリの音源は一つだけしかなかったので理論上このまま左右にPANを振ってもステレオにはなりません

ステレオとモノラルについて理解してないと広がりを作れない!?
(↑理由はこちらを参照してみてくださいステレオとモノラルについて以前記事にしています)
この理論でいけばステレオにするのであれば
左右別々の音をスピーカーから出したいので単純に考えれば同じ歌い方をしたハモリ音源が2つ必要になります
ですが今回は1つしかありません
これを擬似的にステレオ化して広がりを出そうというわけです

擬似ステレオ化の原理

広がりはこうやって作る!ステレオ効果(実験)音あり
↑擬似ステレオ化について記事にしてあります
この再生を少しだけズラすということをダブラーやステレオディレイを使ってやります

Reel ADTを使ってナチュラルなステレオ感を演出

26
ダブラー系と聞いて真っ先に思いつくのが名前のまんまのWavesのDoublerですが
50
Reel ADTはさらにナチュラルな広がり感を演出できます
設定としてはプリセットのClassic VocalからLR100ずつに振りDRVはゼロにするだけにしています
これだけでも綺麗にステレオ感が出て広がりが演出できますので
ぜひReel ADTをお持ちの方は試してみていただきたいです
脳筋のわいでも「これはええぞ!」っと感じたWavesプラグイン 5選
↑(Reel ADTも以前記事にて紹介しています)

ステレオディレイでも擬似ステレオ化ができる

56
↑Super Tap
26
↑Doubler
02
↑ステレオディレイ
ほんの少しのディレイ(遅延)を起こしてやれば再生位置にズレが起きますのでそれをLRに振るような形にできるプラグインであればなんでも良いです
ディレイについて
(↑ステレオディレイについても以前記事にしています)

終わりに

理論的にはハモリを2回録るのがベストなのだと思いますが
実際は2回録るのは結構大変です
(ギターのクアッドトラッキングは修行僧の如く大変)
ステレオディレイやダブラーを使うことで擬似ステレオ化し
時短になります
大体僕もボーカルMIXの依頼の時はハモリは1つだけのことがほとんどです
ぜひハモリに広がりを出したいという場合にやってみてください
ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ

↑このページのトップヘ