zunx2の暇つぶしDTMブログVer

元バンドマン、脳筋系のわいでもDTMが楽しめるようになったぜ!をモットーにDTMや音楽の情報を発信していきます



実はギターシールドは切り売りされているものがありまして
自作用の工具とシールドの材料さえ揃えてしまえば誰でもギターシールドを作ることができます
1ヶ月前に僕もギターシールド製作用の工具を揃えてみました
IMG_1098

シールド自作用工具

必要なものとしては
・はんだごて
・はんだごて固定台
・はんだ
・はんだ吸い取り線
・はんだクリーナー
・ワイヤーストリッパー
・ハサミ
・カッター
などです
これを揃えるのにホームセンターに行って揃えたのですが
¥8000円くらいかかりました
しかしAmazonだともっと安く揃うことが判明しました

goot 電子工作用はんだこて セット 安定感抜群の大型コテ台付き 半田こて はんだ吸い取り線 はんだ 40W BM-40S
¥1298円

ベッセル(VESSEL) ワイヤーストリッパー No.3500E-2
¥1350円

SODIAL(R)はんだヒントクリーナーこて金属スポンジスポンジゴールドカラー新
¥381円
ハサミやカッターは元々あると考えれば
大体¥3000円くらいで揃うやないかいw

シールドの材料

・シールド(切り売りのもの)
OYAIDE ( オヤイデ ) / QAC-222G
OYAIDE ( オヤイデ ) / QAC-222G
・コネクター

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / P12
CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / P12
この2つだけです
IMG_1145
この2つをはんだをうまく使ってギターに繋げられる1本のシールドにするわけです。もちろんしっかりと音が出るように
市販されているものよりも自作した方が断然安くなります
長い目で見ればシールドは自作できるようになった方がギタリストにとってお財布に優しいわけです

シールドの作り方

 

終わりに

IMG_1106
僕も実際に上記のギターシールドの作り方の動画を見ながらギターシールドを自作してみました
最初は苦戦してはんだごてで指を軽く火傷してしまったりしましたが
慣れてくるとなかなか面白いものでした
自作したギターシールドでアンプから音が鳴るのは心地が良いものです
かなり安上がりになるのでぜひギターシールドの自作に挑戦してみてください
ではまたヾ(´ω`=´ω`)ノ



VOCALOIDのデスボイスの作り方の質問がコメントにあったので
作り方を記事にしておきます
INSIDE DEATH PAINのコピー
youtubeにて動画にもしておきました

激しいロックやメタル、ハードコアなどのジャンルで使えると思うのでぜひ試してみてください

VOCALOIDエディターでGWLをMAX

まずは素の音を聞いてください

何もかけていない状態なのでもちろんいつも通りの可愛らしい声ですよね。これをデスボイス化させていきます
08
パラメーターのGWLをMAXにします
21
ビブラートもMAXにします
この状態でまずはダミ声になります

Waves UltraPitch 3 Voiceをかける

11
Ultra Pitch 3 Voiceをかけます。
プリセットのDasrkfuzz.OctaveDownにします
20
Voice Cgaracterの種類をWoodsにします

ハイゲイン系のアンプシュミレーターをかける

アンプシミュレータで声に歪みをかけます
ハイゲイン系のアンプタイプでいきます
52
EQをBASS10 MIDDLE0 TREBLE10 PRESENCE10にします
まさにドンシャリ設定にするわけです

マキシマイザーをかける

16
僕はCubase 8付属のマキシマイザーでOptimizeをMAXでかけています
音量が上がってしまうのでOutputで音量調節してください

上記3つを試すとデスボイス化になる


パラメーターでGWLをMAX⇨ビブラートをMAX⇨Ultra Pitch 3 Voice⇨アンプシミュレーター⇨マキシマイザー
これらをすることでデスボイス化になります
ぜひ試してみてください

終わりに

今回のように質問やリクエストがあれば僕のわかる範囲内でお答えしていきたいと思います
ということでではまた!

↑このページのトップヘ